チンチラの種類と各種の販売価格を一挙紹介!

2017/11/29

229
近年、チンチラという動物が人気を集めているのをご存知でしょうか?

見た目がねずみやうさぎに似ていてとても可愛らしいと話題になっている動物です。
魅力も多く、飼育しやすいとも言われていますが、今回は、そんなチンチラの種類についてご紹介していきたいと思います。

関連:チンチラの飼育方法を紹介!性格、寿命、販売されている価格は?

スポンサーリンク

チンチラとは?

230
チンチラは、大きさが30cmほどに成長するげっ歯類の動物です。

見た目はねずみやうさぎに似ており、目や耳が大きいところが特徴です。

寿命も10年近く、しっかりお世話をすれば人にも懐いてくれるということで、徐々にペットとしての人気が高まってきています。

関連記事:チンチラの人気が上昇中!その人気と魅力をくまなく紹介!

そんなチンチラは、主食が牧草なので糞尿の臭いがほぼしない点も人気の理由となっています。

また、暑さ、寒さ対策も、うさぎ用のグッズで代用可能なので、手軽に行うことができます。

チンチラの種類

232
一言にチンチラと言っても様々な種類の子がいます。

チンチラは主に色で種類分けがされており、それぞれで値段が異なってきます。

グレー系

体毛がグレーの色をしている種類です。

最も多く見られる種類のチンチラで、人気のあるカラーとなっています。
多く見られる分、値段も他の種類より低くなっています。

販売価格:20000円~35000円

ブラック系

ブラック系は2種類に分けることができます。

ブラックエボニー

235
出典:ちいさきもの倶楽部
http://www.petstation.jp/animal_detail.php?animal__id=123142

全身が真っ黒な色をしている種類です。
毛に光沢があり、黒光りして見えるのが特徴的です。
個体によっては、耳の辺りや胸元が少し薄い色をしている子もいますが、黒ければ黒い程値段があがるとされています。

販売価格:40000円~70000円

ブラックベルベット

233
出典:http://arkpet.ocnk.net/
有限会社プラスト

全体的に黒い色をしているのですが、お腹の辺りが白っぽい色をしているのが特徴的な種類です。
お腹に白が混じるため、ブラックエボニーよりも薄い色合いとなっています。

販売価格:30000円~60000円

ブラウン系

ブラウン系は4種類に分けることが出来ます。

グレーほどではありませんが、比較的、安価となっています。

シナモン

236
出典:http://www.nettai.co.jp/2015/02/26/31258
熱帯倶楽部

薄茶色にグレーを少し混ぜたような色合いの種類です。
目がぶどうのような色をしていてとても綺麗だと人気を集めている種類です

販売価格:25000円~40000円

ベージュ

237
体毛の色はシナモンと同じで、遠目からの判別は難しいところも。

では一体、何が違うのかと言うと、目の色が黒目なんです。
目の色が違うだけでも、大分印象が異なります。

希少価値が上がる分、ベージュの方が少々、割高になります。

販売価格:30000円~50000円

ブラウンベルベット

全体的に、艶のある茶色をしている種類です。
ブラックベルベット同様、お腹に向けて白い毛が混じっていきます。

販売価格:45000円~60000円

ブラウン

238
出典:http://www.nettai.co.jp/2015/02/07/30868
熱帯倶楽部

ブラウンベルベットよりも濃い茶色をしているのが特徴的な種類です。

色の濃さにより、更に種類分けされることもあるようですが、一般的にはブラウンとまとめて呼ばれることが多いです。
お腹までしっかりと茶色い毛が生えているのがブラウンになります。

販売価格:50000円~65000円

スポンサーリンク

ブルー系

ブルー系は2種類に分けることが出来ます。

バイオレット

239
出典:http://petsun.blog40.fc2.com/blog-entry-796.html
株式会社ペットサン

体毛が薄い紫色をしている種類です。

とても綺麗な色で、高級感があると人気の種類でもあります。
希少な色のため、値段も高めに設定されていることが多いです。

販売価格:45000円~80000円

サファイア

240
出典:http://www.petstation.jp/animal_detail.php?animal__id=187059
ペットステーション

バイオレットに比べて、ブルーやグレーの色が強く出ている種類です。

お腹が白色をしており、個体によって目が黒かったり赤かったりするのも特徴です。
とても希少なので、値段も高めに設定されています。

販売価格:90000円~120000円

ホワイト系

ホワイト系は5種類に分けることが出来ます。

ホワイト

234
出典:http://arkpet.ocnk.net/
有限会社プラスト
全身が真っ白で、黒目の種類です。耳や手足が黒い子もいます。
とても希少な種類で、かつ人気もあるので値段も高めに設定されていますよ!

販売価格:70000円~90000円

シルバーパイド

241
出典:http://www.nettai.co.jp/2016/09/03/41958
熱帯倶楽部

身体の色は白がメインで、頭、背中にシルバーが混ざっている種類です。
シルバーの入り具合で値段も変動し、白が多い程高値になります。

販売価格:60000円~80000円

パール

シルバーパイドに似た色合いをしています。
白い毛に、不規則にシルバーが混じっている種類です。

販売価格:45000円~65000円

アルビノ

242
出典:https://www.sbspet.com/chin/chin1_2.html
Chinchilla House

全身が真っ白で、目の色が赤い種類です。

白うさぎをイメージしてもらうとわかりやすいかと思います。
地肌のピンク色が覗くのが特徴です。

販売価格:60000円~75000円

ピンクホワイト

243
出典:http://petmate.exblog.jp/17025473/
ペットメイト西宮店の生体ブログ

全身が白色ですが、毛先がベージュになっている種類です。
耳がピンク色で、目は赤いのが特徴です。

販売価格:65000円~80000円

まとめ

以上が日本で販売されているチンチラの種類になります。

お店によってはピンクホワイト、アルピノ等と分けることなく、ホワイトと一言でまとめていることもがあるのに対し、質を重視しているブリーダーの場合、細かい色で種類分けされているのが一般的。

それぞれの種類ごとに飼育方法に大きな違いはありませんが、珍しい色の子が欲しい場合はブリーダーからの購入が現実的になります。

是非、自分がお迎えしたいお色をチェックしてお店に向かってみて下さいね。

関連記事:チンチラの飼育で気を付けたいこと~餌を与える時間&量はどれぐらい?

-その他生き物, チンチラ

スポンサーリンク