ファンシーラットの飼育方法とは?性格、販売価格、餌は何を食べる?

2017/09/29

103
あなたはファンシーラットというネズミをご存知ですか?

ファンシーラットは一般的なねずみと比べて身体が小さいことで知られていますが、種類も豊富で何と12種類以上もあるんです。

尻尾のある子、ない子もいれば耳の形や毛の色が違う子もいたり、見た目だけでなく、性格も本当に様々。

個体ごとの個性が強く、同じ子を見つけるのが非常に難しいともされています。

なお、生態でいうとラットと同じですが、ペットとして改良される過程でファンシーラットと呼ばれるようになりました。
今回はそんなファンシーラットについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ファンシーラットの飼育方法

104
ファンシーラットの飼育方法というと、何やら難しいことがあるのでは?

と思うかもしれませんが、実際、飼うにあたって特別なことをする必要はありません。

まず、風通しのいい15~25度位の温度を保ちます。

ケージの掃除は4~5日に一度。
清潔好きなラットのためにも掃除はしましょう。

定期的に掃除をすることで感染症や匂いの防止になります。

排泄は毎日ありますので、溜めてしまうと匂ってしまいます。ぜひ気を付けてあげてください。

後述の通り、賢いせいかストレスを溜めこむことがあります。

ストレスの主な理由は運動不足、多頭飼い、室温など。

賢いとはいえ、そこはラット。
ストレスの元はかなり限定されるので、飼い主としてすぐに対処してあげてください。

餌は何を食べる?

ファンシーラットの餌ですが小動物用のものがペットショップで販売しているので、それらを与えることになります。

栄養バランスを考えると、リンゴにキュウリ、ニンジン、レタス等を細かく切ったものを与えるといいのです。
また、歯のストレス予防にもナッツ類もおすすめです。

スポンサーリンク

ファンシーラットってどんな性格?

ファンシーラットは穏やかで大人しい性格の持ち主。

小さな身体のせいで見落とされがちですが、賢く、こちらの意図を汲み取るような行動を取ることも少なくありません。

好奇心旺盛で、愛情深い所もあるのですが、そういった部分は賢さから来ているのかもしれません。

普通のねずみより脳が大きく、知的な種類であるため、訓練をすればトイレトレーニングをしたり、あなたの言葉も最低限、理解することもできます。

時にはケージから出してあげて遊んであげるのもオススメ。
コミュニケーションを取ることもできますし、愛情を感じてくれます。

時に言う事を聞かない子がいたり、凶暴になる時があるのですが、ストレスを溜め過ぎないようにしてあげてください。

ケージ

風通しのいいケージが必要になります。

サイズは30x25㎝以上はほしいところ。

遊ぶ為の器具、回し車を置いたり、平らな石を重ねておいてあげると、ストレス防止になりますし、これらはマーキングであったり、排泄の効果にも繋がります。

また、ケージのコーナーに排泄をする場所を用意してあげて下さいね。
ファンシーラットは賢いので決められた場所で排泄をすることができます。

ケージの中に敷いた藁や新聞紙などは、清潔に保つためにも毎日取り替えてあげて下さい。

掃除は4~5日に一度でも構いませんが、こちらは少し放置するだけで悪臭に繋がります。

性質上、遊べる空間は必要ですが基本的にゲージで飼育することになるので、ゲージの中に回し車があると狭いスペースでも十分な運動をさせてあげることができます。

ペットショップで販売されている?

105
購入方法は以下の4つがあります。

1.ペットショップ

ペットとして飼うということ自体、まだ珍しいため、総合的なペットショップでは見つからないことがあります。

もしお店にない場合は取り寄せてもらいましょう。

2.爬虫類ショップ
爬虫類の餌用のラットとして販売している場合があります。

ぞんざいな扱いを受けることがあるからか、なつくまで時間がかかるときがありますが、根気強く、頭をなでであげたり触れてあげると慣れて来るでしょう。

3.通販で購入

ネットショップ等で購入もできます。

小動物専門のお店や爬虫類専門のお店を検索して探してみてください。

4.里親募集サイト
既に飼っている方を探し、見つかれば譲ってもらう、またはこまめにチェックをしてみるといいでしょう。

いずれも1000円から購入が可能です。
但し送料が別途になる場合もあります。

身体の大きさ

体長:約10-15㎝(尻尾は含んでいません)
体重:約350g-650g

ちなみに生まれたての頃は小指の先ほどの小ささなのですが、約12日ほどたつと目も開いて来ます。

尻っぽがない個体もいるので、上記の体長は尻っぽの長さは含んでいません。
基本的にオスはメスに比べて体重が1.5倍重く、体長にも差があります。

さいごに

以上がファンシーラットの特徴になります。

ラットと聞くと、古くから実験で使われてきた生き物、汚いといったネガティブな印象を持つ方もいるかもしれませんが、改良を重ねた結果、いまやペットとして飼われる機会も増えてきました。

ファンシーラットというだけあって、愛着ある持てる可愛い顔と性格が魅力です。

是非、機会があればペットに選んでみてはいかがでしょうか。

関連記事:ペットとして飼育できる人気のネズミ7種!それぞれの飼いやすさ、価格、寿命は?

-ネズミ類, ファンシーラット

スポンサーリンク