フェネックはペットとして飼育できる?性格、価格、実際の大きさは?

2018/06/12

fennec006
大きな耳とふさふさの尻尾が特徴的な「フェネック」。

犬のようなキツネのような、他の動物にはない可愛らしさと魅力があり、ます。
フェネックという名前くらいは聞いたことがあるけれど、実際に見たことはない…と言う人も多いのではないでしょうか。

今回はそんなフェネックの生態や性格、ペットとして飼育できるのかどうかという疑問について、まとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

フェネックの生態

fennec008
フェネックの生息地はアルジェリアやエジプト、リビア、スーダンなどの北アフリカの砂漠。
基本的には夜行性で、10匹以下の家族で群れを作り生活します。

昼夜の寒暖の差が激しい砂漠で生き残るために、全身が柔らかい毛で覆われ、砂地に数メートルにも及ぶ巣穴をほり暑さや寒さをしのいでいます。

特徴的な大きな耳の使い道は、放熱のためと、音をよく聴くため。
わずかな音から、砂の中にいる獲物を探し当て、捕獲するのです。

餌は小型の哺乳類、鳥類、爬虫類、昆虫などのほかに、植物の果実、葉、根なども食べる雑食性。

砂漠の生き物らしく渇水には強く、植物からの水分補給だけで十分なんだとか…。

ペットとしての飼育できる?

fennec
フェネックはペットとして飼育することも可能で、可愛らしい見た目から愛好家も多くいます。

ただし、値段や性格、飼育環境などを考えると、そうやすやすとペットにできるような動物ではありません。
ペットとしての飼育を考えているのなら、入念な準備と覚悟が必要になるでしょう。

関連記事:フェネックの飼育は難しい?飼育方法と気を付けたいこと

フェネックってどんな性格?

フェネックの性格をあらわす表現として、「犬と猫を足して2で割ったような性格」とよく言われます。

犬のようにお腹を見せて甘えたり尻尾を振ることもあれば、猫のように自由気ままでマイペースな一面も。

しかし基本的には臆病で警戒心が強い動物なので、犬や猫のように人間に馴れるようになるまでには時間がかかります。

性格にはもちろん個体差もありますが、中には懐くどころか触られるのが嫌で噛みついてくる個体も多く、この辺りは野生の動物ならではといえます。

スポンサーリンク

大きさ

体長は約30~40㎝、体重は約1~2kg。

イヌ科の中では最小種で、特徴的なふさふさの尻尾の長さは約15~30cmと、体長の半分ほどにもなります。

小さな犬と言えばチワワが思い浮かびますが、チワワでも成長すると2kgほどにはなりますので、比べるとフェネックがどれくらい小さいかがよくわかりますね。

寿命

フェネックの寿命は野生下では約10年、飼育下では10年~12年ほどと言われています。

動物園での最長飼育記録は14年。
飼育するならばきちんと環境を整えて、出来るだけ長生きさせてあげたいですね。

フェネックが発症しやすい病気とは?

フェネックはイヌ科なので、基本的に犬と同じ病気にかかりやすいと考えて良いでしょう。

予防接種も、獣医さんと話し合いながら犬と同様に受けることが望ましいです。

ただし、フェネックを診てくれる病院は、とても限られています。
飼育する前にあらかじめかかりつけにできる病院を探しておきましょう。

どこで販売されている?

fennec006
フェネックはとても珍しい動物であり、ワシントン条約で守られているので、そうやすやすとは手に入りません。

一般的なペットショップではまず扱っていないでしょう。

しかし、フェネック専門のブリーダーさんや、珍しい小動物などを専門に扱うペットショップなどでは、購入できる可能性があります。
いずれにしても、飼いたいと思った時にいつでも購入できる、というようなものではないので、事前に問い合わせや予約をするなど気長に待つ覚悟が必要です。

価格は?

フェネックの平均価格は数十万~100万円ほど。

前述したようにとても珍しく流通の少ない動物なので、かなり高額です。

ペットショップよりはブリーダーから直接購入する方が安く抑えることはできます。
ただし、ブリーダーによっても価格は異なるので、事前のリサーチを欠かさないようにしましょう。

まとめ

フェネックは見た目が可愛いから、と言う勢いだけで飼えるような動物ではありません。

犬や猫に似た性格だとは言っても、彼らとは違いフェネックは紛れもない「野生動物」です。

その生態をしっかりと理解し、フェネックにとっても人間にとっても、双方に無理のない生活が送れるように努力しなければなりません。
フェネックを飼育したいと思っている人は、あらかじめきちんとフェネックについて知っておいてくださいね。

-その他生き物, フェネック

スポンサーリンク