フェレットはなつく?飼育は難しい?性格、寿命、価格は?

277
ペットとして根強い人気のあるフェレット。

イタチ科独特の胴長フォルムや可愛らしい顔がたまりませんね。
ここではフェレットの飼育方法、性格、寿命、価格などについてまとめていますので、飼育の際の参考にしてみてください。

スポンサーリンク

フェレットってどんな生き物?

278
フェレットは元々イタチを家畜化した動物で、ヨーロッパでは古くから飼育されてきました。

日本で本格的に認知され始めたのは1990年代に入ってから。
愛らしい見た目に加え、飼育スペースをさほど取らず、散歩などの必要もないことから、現在では日本やヨーロッパのみならず世界各国において定番のペットと言えるまでになりました。

フェレットというと単一種しかいないと思われがちですが、じつは繁殖されるファームによって様々な特徴があり「マーシャルフェレット」「カナディアンフェレット」など、それぞれのファームの名前を冠した品種名で呼ばれています。

フェレットの飼育は簡単?難しい?

279
フェレットの飼育は「簡単」とは言えないまでも、それほど難しくない部類に入ります。
それが人気の理由の一つでもありますしね。

前述したようにスペースもあまりとりませんし散歩も必要ありませんが、飼育する前に以下の三点は注意しておかなければなりません。

・臭い
・温度管理
・病気をしやすい

これらの点についてだけは、他のコンパニオンアニマルよりも手がかかる覚悟をしておかなければなりません。
また、温度管理や病気に伴う出費も覚悟しておいた方が良いでしょう。

飼育に必要なものは?

飼育に必要なものは、以下の通り。

・ケージ
・餌入れ、水入れ
・トイレ
・トイレ砂
・敷き布
・ハンモック
・おもちゃ
・手入れグッズ

ケージは底面積が広いもの、特に一人暮らしなどであまりケージの外で遊んであげられない場合は広めのものを用意しましょう。

フェレットはトイレの躾ができるので、トイレやトイレ砂を用意してきちんと躾けてあげてください。
お手入れグッズは、爪切り、ブラシ、シャンプーなど。

必要なものが一通りまとめてある「飼育セット」なども2万円前後で売られていますので、初めて一から飼育を始めるという人は、そういったものを利用するのもおすすめです。

スポンサーリンク

性格

276
フェレットの性格は、出身ファームによって異なります。

例えば、国内で最もポピュラーな「マーシャルフェレット」は穏やかな性格で噛み癖もあまりありません。

より原種に近かったり珍しかったりする種、例えば「アンゴラフェレット」や「ニュージーランドフェレット」などは、少々凶暴で懐きにくく、噛み癖もある個体が多いと言います。

他にも好奇心の強い品種、いたずら好きな品種と個性があるので、よく吟味して選びましょう。
初心者の場合はまずポピュラー種から飼育するのをおすすめします。

なお、個体差という意味では他の動物、犬や猫よりも小さく、性格的に例外というのはあまり見受けられません。

なつく?

フェレットは古くから家畜化された歴史があり、比較的知能も高くなつきやすい動物です。

ただし前述したように、ファームによって性格差があるため、すべてのフェレットが同じようになつきやすいというわけではありません。
しかし、なつかせるポイントさえきちんと押さえておけば、最終的にはどの個体もある程度なついてくれるようになりますよ。

寿命

213
寿命の平均は6~10年。
飼育環境などによって4年ほどで寿命を迎えることもあれば、10年以上生きることもあります。

価格

価格の目安は2万~15万円程。
ポピュラー種であれば2万~3万円くらいですが、珍しい品種になると10万円を超えることも少なくありません。

どこで購入できる?

211
フェレットは多くのペットショップで購入することができます。

ただし扱っている品種が少ないことも多々あるので、いろいろな品種の中から選びたいという人は、フェレット専門店やネット販売を利用するのがいいでしょう。
(ネット販売については直接確認できないというデメリットがあるので、よく吟味してください)

販売されているフェレットは外国から輸入されたもので、ほとんどの場合避妊・去勢手術が行われています。
そのため個人のブリーダーというのはまずいないので(もしかしたら少数いるのかもしれませんが)、お店を通さずに手に入れようと思うなら里親募集などを利用してください。

まとめ

ペットショップでは「フェレットはとても飼いやすいですよ~」などと言われることもあるかもしれません。

確かに手がかからない部分もありますが、逆に手がかかってしまう部分があるのも事実です。
もしフェレットの飼育を簡単に考えている人がいたら、そのあたりをきちんと頭の中に入れておいてくださいね。

関連:フェレットの種類とそれぞれの特徴、違い、価格は?

-その他生き物, フェレット

スポンサーリンク