フェレットの種類とそれぞれの特徴、違い、価格は?

2018/06/15

ferret006
人気のペットの一つであるフェレット。

取り扱うペットショップも増加傾向で一般的な存在になりつつありますが、そのフェレットもいくつもの種類に分かれ、それぞれに特徴があるというのはご存じですか?

今回はそんなフェレットの種類と特徴、価格について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

ファームの名が付いているフェレットの種類

フェレットといっても様々な種類が存在するのですが、その名は繁殖を行っているファーム、会社の名称が付けられています。

現在国内で販売されているフェレットのほとんどは、海外のファームから輸入されているのです。
ファームによって性格や体質などに差がありますので、その中から自分に合ったフェレットを見つけましょう。

なお、あまり知られていませんが、フェレットを販売するファームの利益確保のため、流通しているフェレットは全て去勢手術済み。
また、種類によっては耳に出身のファームを示す刺青が入っています。

マーシャルフェレット

ferret-marshall01

価格:40000~60000円

マーシャルフェレットはアメリカのニューヨークが原産です。

体は0.8~1.5kgでやや細めの個体が多いのが特徴で、顔も鼻に向かってシュッとシャープになっています。

基本的に大人しく噛み癖もあまりない個体が多いので初心者向け。
躾もしやすいので、ペットショップなどでも一番人気のフェレットです。

アメリカでも、ペット用のフェレットはほぼこのマーシャルフェレット。
耳に丸い刺青が二つ入っており、ひとつが臭腺除去手術、もうひとつは去勢手術が済んでいるという証。

一目で判別することができます。

パスバレーフェレット

ferret-path-valley01

価格:30000~50000円

パスバレーフェレットはアメリカのペンシルバニア生まれのフェレット。
日本ではマーシャルフェレットに次いで多く飼われています。

体重は0.8~1.5kgと他のフェレットとあまり変わりませんが、全体的にしっかりとした体つきで丸い顔をしているというのがパスバレーフェレットの大きな特徴。

人気の理由は多々あり、病気に強いことや、穏やかな性格をしていること(ただし赤ちゃんの頃はやや噛み癖あり)などが挙げられます。

また、ペット用フェレットを繁殖している中では最大のファームなので、カラーバリエーションも豊富で入荷が安定しているのも人気の理由の一つ。

価格も以前は高価でしたが、現在ではマーシャルフェレットなどと同じ価格帯です。

一つ注意が必要なのが、この品種はごく稀に避妊・去勢手術の糸が残っている場合があること。
もし残っていた場合には、病院に行って抜糸をしてもらわなければなりません。

カナディアンフェレット

ferret-canadian01

価格:15000~20000円
カナディアンフェレットはその名の通りカナダ(バンクーバー)生まれのフェレット。

体重は1~1.8kgと他のフェレットに比べると少し大きめで、がっしりとした骨太の個体が多いです。

特にオスは大きくなる個体が多く、その筋肉質な体とカラーバリエーションの豊富さが人気の理由。

しかし噛み癖があり躾に時間がかかる個体が多いという難点があるため、少々上級者向けです。
耳に青い刺青があります。

スポンサーリンク

マウンテンビューフェレット

ferret-mountain01

価格:50000~70000円
こちらもアメリカのニューヨーク生まれのフェレット。

見た目はマーシャルフェレットとよく似ていますが、細身の個体が多いマーシャルフェレットに対し、マウンテンビューフェレットの方が少々しっかりした体つきをしています。

性格もマーシャルフェレットと同じく、噛み癖が少なくおとなしい個体が多いので、初心者向き。
ただ、現在日本国内ではほぼ流通しておらず、なかなか手に入らないというのが現状です。

価格も輸入状況や時期によって大きく変動するので、欲しい人はこまめに入荷状況などをチェックしておくと良いでしょう。
耳にはマウンテンビュー出身を示す刺青が入っています。

ルビーフェレット

価格:50000~70000円

ルビーフェレットはアメリカのアイオワ生まれ。
体重は他のフェレットとほぼ同じですが、赤ちゃんの頃からしっかりした体つきをしているのが特徴です。

パスバレーフェレットと交配させて誕生した品種なので、性格や見た目など似ている点が多々あります。

ただしこちらはファームではなく個人のブリーダーのもとで繁殖を行っているため、性格や体格にばらつきがあります。
日本では流通量が少なく希少なため、お値段も他の品種に比べて少々高め。

ミスティックフェレット

価格:不明

ミスティックフェレットはニュージーランド北島生まれ。

体は1~1.8kgと大きくなる個体が比較的多く、少し噛み癖もあるので飼育難易度は少々高め。

お腹にアルファベットと数字を組み合わせた刺青があります。
カラーバリエーションは少なめですが、現在では少しずつ新カラーが出てきています。

アンゴラフェレット

価格:80000~150000円
アンゴラフェレットは長い毛が特徴のフェレット。

デンマーク生まれで、繁殖の過程で突然変異で生まれた品種です。

体重は1~2kgと大きく、そのうえ毛も長いのでかなりの存在感があり、フェレットを飼う人にとっては憧れの存在だそうです。

カラーバリエーションも豊富でつい欲しくなってしまうのですが、性格はかなり強気で躾が難しく相当な上級者向けの品種なので、安易に手は出さないようにしましょう。

珍しい品種のため、価格も他のフェレットの倍以上する場合があるそうです。

まとめ

同じ様に見えるフェレットですが、産出地(ファーム)が異なるのはもちろんのこと、それぞれで特徴は異なります。

フェレットの各種類ごとの違いを探してみるのもおもしろいですし、耳の刺青の有無、数や位置が異なるというのもフェレットならでは。
触れる機会があった時はこういったことを確認してみるのもおもしろいかもしれません。

関連記事:フェレットはなつく?飼育は難しい?性格、寿命、価格は?

-フェレット
-

スポンサーリンク