フクロモモンガの飼育方法~餌、性格、価格は?購入はブリーダーからがオススメ!

2017/09/19


フクロモモンガとはは大きな目と小さな体がとても可愛らしい熱帯地域の森林に生息する動物。

テレビなどでもよく取り上げられており、人気上昇中のペットとしても知られるようになりましたが、見た目はリスに近いものの、分類上はカンガルーやコアラと同じ有袋類の仲間

エキゾチックアニマルの中でも比較的飼育がしやすい種ですので、日本でも飼育する人が増えてきています。

今回はフクロモモンガの飼育方法、餌から性格や大きさといった部分について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

フクロモモンガの飼育方法


フクロモモンガは基本的にケージで飼育をします。

放し飼いをするという人もいますが、馴れていないうちは隙間などに入り込んで捕まえられなくなったりするので、ケージの利用が望ましいです。

放し飼いをする場合には、糞の始末や危険なものの排除などに気を遣ってください。
基本的にはケージで飼育して、時々外に出してあげるのが一般的です。

フクロモモンガはにおいで仲間を判別しますので、飼い主に馴れてもらうためには自身のにおいが付いた布を寝床に入れて置いて覚えさせるのが有効です。

そして本来は群れで生活をする動物ですので、飼い主があまりかまってあげられない場合などは複数飼いがおすすめ。
その場合、オスメスのペアかメス同士(オス同士は喧嘩をしてしまう)が良いでしょう。

また、暑さには強いですが寒さには弱いので、冬はヒーター等で25度以上に保ってあげてください。
赤ちゃんの場合には30度以上必要です。

この30度以上というのは人間にとっても不快な温度になってくるため、フクロモモンガを飼育するにあたって最も難しいとされている部分でもあります。

どうしても飼いたい場合、ある程度成長した子を選ぶのがいいかもしれません。

フクロモモンガの飼育に必要なもの

まず飼育に欠かせないものがケージです。

フクロモモンガに関しては広さよりも高さあるケージを重視して選んでください。

専用ケージが手に入らない場合には、大型の鳥用のものでも代用できます。
基本的にトイレは覚えないので、ケージの床材としておがくずや紙くずを敷いておき、こまめに掃除をするようにしましょう。

次に餌入れと水入れ。

まず餌入れは床に置くタイプでもケージに引っ掛けるタイプでもどちらでもかまいませんが、水入れはひっくり返してしまう恐れがあるので、ボトルタイプが望ましいです。

また、止まり木もフクロモモンガにとって必要なアイテムの一つ。

樹上で生活する動物ですので、移動するときに捕まれるように数本用意してください。
ただし、自分で拾ってきたものだと虫などがついている場合もありますので、きちんと購入したものを利用するようにしてください。

最後に、寝床・寝袋を設置してあげてください。

巣箱タイプのものや寝袋タイプなど様々な形態があります。
一つのケージに複数の寝床を作っても良いですし、季節や個体の好みに合わせても良いでしょう。

フクロモモンガは餌は何を食べる?


フクロモモンガは雑食性の動物ですので、野生では昆虫・果物・樹液などを食べます。

飼育下においても、植物性のもの(野菜・果物)と動物性のもの(チーズ・ミルワーム・煮干しなど)をバランスよく与えましょう。

果物や野菜類は冷たいまま与えると体調不良の原因になるので、室温程度に戻してから与える様にしてください。

専用のペレットが手に入る場合は(最近は国内でも手に入りやすくなりました)ペレットを主食とし、副食に果物やミルワーム等を与えるというのが理想的。

フクロモモンガは味覚が発達しており、好き嫌いがあったり飽きやすかったりする個体も少なくありません。

しかし栄養バランスが偏ると、骨粗鬆症や脚気などの病気にかかってしまうこともありますので、飼い主として気を付けなければなりません。

基本的に甘いものが好きなので、食べないものは果汁に浸すなどといった工夫をすると食べてくれる場合が多いです。

なお、餌の時間帯ですが、少し活動した後の夕方から夜に与え、朝少々残っている程度の量に様子を見ながら調整していってください。

スポンサーリンク

フクロモモンガはどんな性格?

フクロモモンガは非常に警戒心が強く神経質な動物ですので、飼い始めは終始威嚇を続けるということも珍しくありません。

無理にコミュニケーションをとろうとするとストレスを溜めてしまいますので、気を付けましょう。
しかし本来は群れで生活をしているため仲間意識が強く、他の小動物よりも高い社会性も持ち合わせています。

飼い主も仲間の一員であると認識してくれれば、心を許してしっかりとコミュニケーションがとれるようになりますので、焦らずじっくりと距離を縮めていくことが大切です。

臭いって本当?

独特の臭いは、フクロモモンガを飼っている方の共通の悩みかもしれません。

フクロモモンガは臭腺があり、生後半年くらいから臭いが強くなります。
なお、フクロモモンガにとって臭いというのは非常に重要なもので、臭腺から分泌物を出し付けることで縄張りを示し、愛情表現にも使います。(メスよりオスのほうが臭いが強い)

排泄物にも注意が必要で、ゲージ内だけでなくゲージなどにつかまり排泄するので、ゲージ周りも汚れてしまいます。

ゲージから出して遊ばせる場合は、臭いを付けられると困るものは片づけ、マーキングされる覚悟で遊ばせてあげましょう。

そして、排泄物はこまめに掃除するように心掛け風通しを良くして臭いがこもらない様にしてください。

鳴き声

フクロモモンガの鳴き声は気持ちがわかるバロメーター。

嬉しい時には「クックッ」という鳴き声、威嚇する時は「ギーギー」という鳴き声を出します。

他にも、甘える時は「シューシュー」、寂しい時は「アンアン」など、状況によって鳴き声が変わりますので、接し方の目安にすると良いでしょう。

鳴き声で気持ちが読み取れる動物の代表例としてデグーが挙げられます。
こちらほどバリエーションはなく分かりにくいこともありますが、フクロモモンガの魅力の一つとして知られています。

飼育の弊害?鳴き声

鳴き声で意思を汲み取ることが出来るのは確かに魅力的ですが、これは必ずしも良いことばかりではありません。

というのも、フクロモモンガは小さな体に似合わず鳴き声は非常に大きく、その上、鳴く頻度も高いので、一緒に過ごすのにストレスに感じてしまう可能性も0ではありません。

夜うるさくて眠れないということがあるかもしれないので、飼育する前に頭に入れておいてください。

対策としては寝る部屋を別にするというのが有効ですが、前述の通り、フクロモモンガの適正温度は成長した個体であっても25度以上。

ケージを置く部屋の温度にも気を配ってあげなければならないですし、ワンルームマンションですと、どちらかが廊下にいく羽目になります。

夏場はまだしも、冬場に寒い廊下にケージを置くというのは出来ないということも併せて覚えておいてください。

身体の大きさ

体長16~21cm
体重90~160g

大きさの感覚としては身近な存在であるハムスターよりも大きく、ウサギよりは小さいという印象。

両掌の上に乗せられるほどの小ささですが、尾は体長と同じくらいの長さがあります。
オスとメスでは、メスのほうが小柄です。

ペットショップで販売されている?

どこのペットショップにもいるというわけではありませんが、近年では人気が出てきて、多くのペットショップで見かけるようになりました。

しかしペットショップでは専門知識を持った店員がいないことも多く、飼育にあたっての情報が得られないなんてことも。

大型店で見かける機会が増えてきたので、店頭でフクロモモンガに関する質問をして、納得いく回答が得られたお店で購入すると、今後のアフターフォローにも繋がります。

ブリーダーから購入

フクロモモンガのブリーダーは、日本でも少なからずいます。

安心してフクロモモンガを購入したいのならば、管理や飼育がしっかりとしている信頼できるブリーダーから購入するのが一番です。

どのように飼えばいいのか?もしもの時の対処法などを聞くことが出来ます。

値段

1万円~30万円

一般的なカラーであるグレーやブラウンの個体は、1万~3万円程ですが、珍しいカラーになると値段が一気に跳ね上がります。

例えばアルビノ(毛が白く目が赤い)は10万円以上、リューシスティック(毛が白く目が黒い)は30万円近くすることもあり、かなり高価です。

他にも様々なカラーバリエーションがあり、カラーよって値段に大きな幅があります。
なお、種類ごとに飼育が難しくなるといったことはあまりありません。

さいごに

フクロモモンガは一度心を許すととても懐いてくれる動物です。

懐くまでは忍耐力が必要ですが、それを越えた時にとても強い絆が生まれます。
きっと最良のパートナーとなり、人生に大きな潤いを与えてくれるでしょう。

-その他生き物, フクロモモンガ

スポンサーリンク