文鳥の飼育に必要なものを一挙紹介!あれはいる?これはいらない?

2017/12/18

351
「手乗り」の代表格である文鳥。

慣れると小さな愛らしい姿で飼い主への愛情を示してくれる素晴らしいパートナーとなってくれます。

文鳥の魅力については当ホームページでも既に紹介しましたが、いざ飼育するとなると、どんなものを準備すればよいのでしょうか。

今回はそんな文鳥の飼育に必要なものについてご紹介致します。

関連記事:文鳥は種類が豊富!それぞれの特徴、魅力を紹介します

スポンサーリンク

文鳥の飼育に必要なもの

352
文鳥の飼育に必要なものはいくつもありますが、すぐにでも必要になるものはケージ、餌入れ、止まり木あたりでしょうか。

それ以外のものもすぐに必要でないものもありますが、飼育する上で用意してあげた方が何かと安心なものばかり。
それではそれぞれについて見ていきましょう。

ケージ

1日の大半を過ごす場所なので快適にしてあげたいですね。文鳥には比較的大きめのケージが適しています。底が30~40センチ四方、高さ35~45センチほどのものを選ぶと良いでしょう。円形などの形も売られていますが、掃除や運動のしやすさを考えると四角のものがおすすめです。また文鳥は気が強いため、つがい以外の同居は苦手です。ケージは1羽につき1つ用意してあげましょう。

餌入れ・水入れ

基本的にはケージに付随しているもので問題ありません。文鳥は餌をくちばしで掘り返す傾向があるので蓋つきのものだと多少の散らかりの軽減になります。水は糞で汚れてしうまうことがあるので、適宜新しいものに取り替えてあげましょう。

菜差し、ボレー粉入れ

混合シード以外に副菜としてあげる新鮮な青菜やボレー粉(牡蠣の殻を砕いたもの)を入れる容器です。

文鳥にあげてはいけない種類の野菜もあるので、よく調べてから与えるようにしましょう。
ボレー粉はカルシウムやヨード補給に欠かすことのできないものです。

止まり木

基本的にケージに付随していますが、太さが文鳥に合っているか確かめましょう。

文鳥に合った太さは12mmと言われています。

また材質はプラスチックよりも木製の方が良いです。

止まり木はただ止まって休むだけでなく、爪研ぎの役割も果たしています。

体の小さな文鳥にとってつかまれて爪を切られるのはストレスになりますので、できれば自然に削られる環境を用意してあげたいですね。

そのためお手入れはプラスチック製よりも少し手間がかかりますが、木製をおすすめします。
中には自然木から作られたものもあり、より爪研ぎ効果が高いので試してみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク

バードバス

文鳥は水浴びが大好きです。
新しい水を見ると一日に何回でも浴びようとします。

飲み水用のケースで済ます子もいますが、専用のものがあれば便利です。

ケージ内におくタイプと外付けのタイプがありますが、内に置くタイプですと床材がすぐにびしょびしょになってしまったり糞で汚れてしまうので、外付けの方が掃除の手間も省けます。
人間に慣れている場合だと放鳥中に手のひらやコップでしちゃう子もいます。

キャリー用ケース

万が一動物病院に行く必要がある場合や、病気になって療養するときに使う小さなケージです。

おもちゃ

ブランコや鏡で遊ぶ文鳥もおり、特に鏡には興味津々な子が多いです。

入れる場合は適応力の高い幼鳥時から入れておきましょう。
大人になってからではなかなか新しいものには慣れません。

ただし、入れすぎでケージ内が狭くならないよう気をつけて下さい。
手乗りの場合は、おもちゃというよりも放鳥で飼い主さんと遊ぶことを一番の楽しみにしているので、最低でも1日に1回は出してあげましょう。

ヒーター

寒さの厳しい地域や、雛鳥や高齢の場合はヒーターをいれてあげましょう。
若い個体でも病気になった際に保温は重要です。

事故が起こらない様安全に十分配慮しましょう。
寒さ対策として、ケージを厚目の布でくるむことも有効です。

巣は必要?

353
小鳥に使用される巣には皿巣、つぼ巣、巣箱などがありますが一般的に文鳥にはつぼ巣が使用されます。

しかし巣は繁殖目的に入れるものなので、1羽飼いの際には基本的に必要ありません。
特にメスの場合、巣があることによって不必要な産卵が促されてしまいますので体に負担がかかります。

高齢になり、止まり木に止まるのが難しくなったり体温調節が弱くなってきた際に検討されることはあるかと思います。
中に糞をしてしまうので使う場合はこまめに掃除をすることをおすすめします。

まとめ

文鳥は狭いスペースでも飼うことができ、飼育も難しくありません。
さらにはインコ類ほど声が大きくないのでマンション住まいの方にもおすすめのペットです。

文鳥のなかには10年以上生きる個体もいます。
適切な飼育用品を用意して愛情をもって接してあげましょう。

関連記事:文鳥の飼育方法、餌は何を食べる?大きさ、価格、オスメスで性格は違う?

-文鳥

スポンサーリンク