ジャージーウーリーの飼い方、性格、しつけ方法~グルーミングは必須

2017/09/19

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ジャージーウーリーとは小さな体で長毛、そして何より愛くるしい大きな瞳が特徴のうさぎ。

歴史こそ浅く、マイナーな品種に数えられますが、魅力は多く、日本国内でも一部で人気が出つつあります。

スポンサーリンク

ジャージーウーリーの歴史

ジャージーウーリーの歴史は浅く、今からおよそ30年前のアメリカ。

ネザーランドドワーフとフレンチアンゴラを組み合わせることで産出され、ARBAによって認定登録されたのが1988年。

なお、ジャージーウーリーを産み出したブリーダーがアメリカのニュージャージー出身だった為、このような品種名になりました。

ジャージーウーリーの外見の特徴

ジャージーウーリーはネザーランドドワーフ同様、体長約25cm、体重1300g~1600gとウサギの中でも比較的小さな体をしています。

元々「長毛種でも手入れが楽な品種を」という目的で産出されたこともあって、体の割に長毛で絡みにくく、手入れは楽といわれています。

子ウサギの様な可愛らしさと、猫のような長い毛の優雅さが入り混じり、何とも言えない上品さがあります。

被毛がとても触り心地がいいので、その愛くるしさがプラスになり、触り心地がいいぬいぐるみを触っているように感じられるほど。

子供の頃は、耳が短く、縦に長いというより三角耳がついているように見えるかもしれませんが、成長するにつれて段々縦に長くなってくるのもジャージーウーリーの特徴の一つ。

ウサギは子供の頃の顔立ちと大人になった時の顔立ちは違うものですが、ジャージーウーリーに関しては耳の長さが変わるだけで顔立ちは子供の頃のままということも多くなっています。

ジャージーウーリーの性格

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ジャージーウーリーの性格を表すならとにかく大人しく甘えん坊。

人馴れもしやすい為、飼いやすさは抜群と言えるでしょう。

また、ほとんど鳴き声を出さない為、マンションなどの集合住宅でも飼育できたり一人暮らしの方にもオススメの品種といえます。

ただ、極めて大人しく、あまり感情を表に出さない為、ストレスを感じていても気付かないことがあるほど。
もしも、他にペットを飼っている場合は、環境に慣れるまで同じ部屋で飼育するのは避けるようにして下さい。

スポンサーリンク

ジャージーウーリーの飼い方

ジャージーウーリーは大人になっても体長25cm前後と小さめなので、ゲージのサイズもかなり小さいものでも構いません。

そもそもペットで飼育されているウサギの先祖はアナウサギという穴の中の空間で生息している動物ですので、こちらが思っている以上に小さいサイズのケージでも問題なく飼うことができます。

しかし、運動不足の事を考慮すると、お部屋の中で一時間ほど放してあげましょう。ウサギ自体のストレスや肥満も軽減されます。

ゲージの中に置く床材は金網がオススメ。

ゲージとセットで購入すると、すのこが付属で付いて来ることが多いのですが、この場合、ウサギが噛んで穴を開けてしまうことがあります。

穴を開けてしまうと、足を引っ掛けて怪我をしてしまう危険性がありますので、すのこは金網を掃除する時などの応急的に使用するだけの方が良いです。

食事は栄養価の高いペレットフードと牧草をあげるようにして下さい。

また、スキンシップの為に、おやつを与えるのも良いかもしれませんが、可愛いからと言って、おやつの与えすぎは肥満の原因にもなりますので、注意して下さい。

トイレのしつけ

ウサギの尿臭は臭いがきついので、トイレのしつけをする必要があります。

犬や猫同様、しつけをすればトイレで行為を行える様になります。

ゲージの中にトイレを準備し、トイレの行為した場合はしばらくそのままにしておいて下さい。もし、違う場所へ粗相してしまった場合はティッシュ等で拭き取り、それをゲージの中のトイレへ入れておいて下さい。

その際、ウサギがトイレからティッシュを噛んで取り出さないように、工夫して下さい。ちゃんと出来た時は、頭を撫でてあげたり、声を掛けてあげたりして下さいね。

グルーミング

ジャージーウーリーは特に毛が長いのでグルーミングは最低週2回はしてあげる様にして下さい。

特に、年に2回ある換毛期の際は普段よりもこまめにブラッシングして下さい。
怠ると、ウサギが自分で毛づくろいをする際、大量の抜け毛えお飲み込んでしまい、毛球症を引き起こしてしまう可能性があります。

さいごに

誕生から歴史が浅い小動物というと飼う上で分かっていないことが多々ありますが、ジャージーウーリーは気を付けなければいけないことも少なく、戸惑うようなことはほとんどありません。

身体も小さく、鳴き声も少ないので初めてウサギを飼う家庭にもオススメの品種でもあります。

-うさぎ, ジャージーウーリー

スポンサーリンク