珍しいハムスターを4種類紹介!人気、有名品種との違いはある?

2018/06/08

djungarian-hamster004
ハムスターというと、ゴールデンやジャンガリアンが有名ですね。
最近ではキンクマあたりの人気が出てきていますが、飼育されているハムスターの多くは上記2種となります。

ですが、それ以外にも色々な種類のハムスターがいるのはご存知ですか?

今回はメジャーではない珍しいとされているハムスター達を紹介していきたいと思います。
他の人と被りたくない、自分だけの子を飼いたいというあなたは参考にしてください。

有名どころのハムスターはこちら!
関連記事:人気のハムスターはどの種類?それぞれの特徴と違いは?

スポンサーリンク

珍しいハムスターは飼いにくい?

ゴールデンハムスター等のメジャーどころのハムスターを選ぶ最大の利点は飼いやすさです。

これまで数多く飼育されてきた以上、世話するための情報も完全に揃っていますし、もしもの時の医療機関も充実しています。

今や一番人気のジャンガリアンハムスターもペットショップに並び始めた頃はゴールデンハムスターと比べて情報が少ないとされ、敬遠されることも少なくありませんでしたが、今や飼う上で困るようなことはまずないでしょう。

というと、珍しいハムスターは飼いにくいのか?考えてしまいがちですが、決してそんなことはありません。

身体の構造は基本的に同じですし、飼い方、揃えるべきアイテムにも違いはほとんどありません。

それぞれの性質上、気をつけてあげなければいけないことはありますが、要点さえ押さえていれば何も問題なく飼うことができます。

それではそれぞれの特徴、飼う上での注意点を紹介していきます。
詳しい解説はそれぞれの詳細をご覧ください。

珍しいハムスターを種類別で紹介

中には聞いたことがないハムスターがいるかもしれませんが、実際にペットショップにいることもあり、飼われる機会も増えている種類もいます。

なお、ハムスターを飼うとなると一昔前まではゴールデン、もしくはジャンガリアンハムスターのどちらかだったことを考えれば、選択肢は非常に増えました。

もちろん、それぞれで魅力は異なるのですが、気を付けなければならない点もやはり存在します

珍しいハムスターということでペットショップでも知られていないこともあるので、もし飼育を検討しているならば、それぞれでの種類ごとに詳細をまとめているので、そちらも併せてご覧ください。

クロハラハムスター

クロハラハムスターとはベルギー原産の大型のハムスター。

名前の通りお腹周辺の毛が黒いことから、このように呼ばれるようになりました。

身体が大きく、他の種類に比べて性格が凶暴で神経質な部分が強いこともあり、飼育に戸惑うことも。
また、多頭飼いには向きません。

最低限度、ハムスターの飼育に慣れている人向けといえそうです。

なお、このクロハラハムスターは数ある種類の中でも寿命が7~8年と非常に長い。

関連記事:クロハラハムスターの飼育方法~性格、身体の大きさは?寿命の長さ

チャイニーズハムスター

chinese-ham001
風貌と長い尻尾から、最もネズミに近い種類といってもいいチャイニーズハムスター。

賢さに長け、飼い主になついてくることもしばしば。

運動能力にも優れ、高い場所に平気で登ってしまうので、ゲージは登れないプラスチック製のものを選ぶようにしてください。

ネズミに近い見た目ということで好みが分かれるかもしれませんが、非常に飼育しやすいハムスターの一つでもあります。

関連記事:チャイニーズハムスターの飼育方法~性格、大きさ、毛色の種類

スポンサーリンク

パールホワイトハムスター

pearl-white001
ハムスターの種類とされていることも多いパールホワイトハムスターですが、これはあくまでジャンガリアンの改良によって生み出された品種。
丸い身体と白く暖かい毛並みが特徴。

基本的な飼い方はジャンガリアンと同じと思ってもらっても問題ないと思います。

関連記事:パールホワイトハムスターの特徴とは?飼い方、性格、値段を紹介!

サファイアブルーハムスター

sapphire-hamster003
ブルーサファイアハムスターも同じくジャンガリアンハムスターを改良することで誕生した種類。
どの子も頭から尻にかけて背骨に沿うかのように一本の線状の模様があります。

運動が好きな反面、太りやすい個体も多い。

関連記事:サファイアブルーハムスターの飼い方、性格、販売価格、飼育に必要なもの

さいごに

どのハムスターを選べばいいか分からないとなると、どうしても有名な品種を選びがちですが、珍しい、マイナーなハムスターにもそれぞれに魅力はあります。

他の生き物とは異なり、ハムスターは品種ごとで大きな違いはないので、最低限、飼育のための知識があれば弊害なく飼うことができるというのも嬉しいポイント。

それぞれの特徴を把握し、自分にあった子を選んでください。

-クロハラハムスター, サファイアブルーハムスター, チャイニーズハムスター, ハムスター, パールホワイトハムスター

スポンサーリンク