オキナインコの生態と飼育方法〜性格、大きさ、飼い主にはなつく?

2018/06/10

Monk parakeet in studio
オキナインコとは最近人気が高まっている中型インコの一種。

ペットとして飼育されているインコもセキセイインコに代表される小型のものからヨウムのような大型種まで様々ですが、オキナインコは人気種の中では最も大きなインコでもあります。

↓オキナインコは何位?
関連記事:インコの人気ランキング!10種類の特徴、大きさ、価格は?

ということで、今回は、そんなオキナインコの生態、飼育方法から性格や大きさ、寿命について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

オキナインコの生態

monk-parakeet002
オキナインコは南アメリカ原産のオウム目インコ科に属する中型インコです。

知能が高く、モノマネやおしゃべりは大型インコであるヨウムに次ぐとも言われています。

特徴的な生態としては独特の巣引きがあります。
オキナインコは50羽前後の大きな群れで巨大な巣を作り、その中に各つがいの小部屋を設けます。

また、両親以外の個体が雛の世話をするというのもオキナインコならでは。

ノーマルな種は全体的に美しい緑色で、額、頬、胸にかけてグレー、翼に少しブルーの羽が入ります。

少し地味な印象があるオキナインコですが、最近では品種改良も行われており、変わり種としてブルーやイエローの個体もいます。

性別は外見からの判断が難しいため、繁殖時の行動や遺伝子検査で調べる必要があります。
寿命は中型インコの中でも比較的長く、約30~35年なので、最後まで面倒がみられるかを踏まえて飼うようにしましょう。

オキナインコの飼育方法

monk-parakeet001
毎日の世話は他のインコと遜色なく、餌・水を用意しケージは1日1回掃除をします。

オキナインコは活発で遊び好きなため、広いスペースが必要です。

中型インコ用の床が45センチ四方、高さ50センチ以上のサイズのケージが最低でも必要になり、出入りのしやすい様に前が大きく開くか、天井の開くものを選ぶと良いでしょう。

色々な形のケージが売られていますが、シンプルな四角いものだと掃除がしやすくおすすめです。
広く使え、余計な事故の心配もいりません。

お留守番の際には寂しくない様に、おもちゃやかじり木を設置してあげると喜びます。

鳴き声が非常に大きいので、集合住宅には不向きです。
戸建てであっても飼う場合には防音対策が必要になるので、入念に対策してから迎え入れてください。

賢いというのはオキナインコの魅力でもありますが、それ故にストレスを感じやすく、毛引きすることがあります。
ストレス解消のため、手乗りの場合は十分な放鳥時間を設け、スキンシップをとってあげましょう。

主食としては中型インコ専用の混合シードを与えてください。

シード類のみだとビタミンやミネラルが不足がちなので、栄養補助としてのペレットも一緒に与えると良いでしょう。

ペレットにはビタミンやミネラルの他、各種栄養素もバランスよく配合されているので、小さい頃から慣らしてあげてください。

見慣れないものは中々食べてくれないこともありますが、食べない場合は色々な種類のペレットを試してみましょう。

ひまわりの種も好んで食べますが、カロリーが高く肥満の原因になるのでおやつ程度にとどめたほうが良いです。

賢いため、餌を選ぶことがあります。
栄養面で理想の食事を摂ってもらうためにも、飼い始めや、幼鳥の頃から注意を払ってあげるようにしてください。

室温

オキナインコは比較的丈夫で、暑さにも寒さに強い鳥です。

室温に関してはそこまで過剰に気を配る必要はありませんが、元々は暖かい国のインコなので冬の寒さはやや苦手なところがあります。

必要があれば冬はヒーターなどで保温してあげましょう。

スポンサーリンク

オキナインコってどんな性格?

性格は比較的穏やかですが、自己主張がしっかりしています。

生態的に縄張り意識が強いため、ケージ内に手を入れると、慣れている子でも威嚇することがあります。

噛み癖がついてしまうと大変なのでその場合はしつけも必要です。

怒るのは逆効果なのでおもちゃなどで気をそらし、やめたら褒めるを繰り返してください。

とても頭が良いので、正しいしつけで対応すると、すぐに理解してくれます。

また甘えん坊で寂しがり屋の一面もあり、忙しくてあまり構う時間のない人には不向きな種だともいえます。

飼い主になつく?

ヒナから育てれば非常によく懐く種です。

ヨウムに次いで頭の良い鳥なのでモノマネも上手ですが、個体によってはしない子もいるので無理強いはやめましょう。

輪投げなどの芸を覚える子もおり、非常に優秀なコンパニオンバードです。

遊び好きなので毎日の放鳥とスキンシップは必須です。
構ってもらえないことがストレスになり、毛引きや呼び鳴きといった問題行動に至ることがあるのでこまめに気にかけてあげましょう。

大きさ

体長は約29センチ、体重は約150グラムと中型種に含まれます。

馴染みが深いセキセイインコと比べると、かなり大きく、体長だけで見ると同じ中型のオカメインコと同程度ですが、体重は2~3倍にもなります。

まとめ

オキナインコは大型インコ並みの知能をもつ賢い鳥にも関わらず、中型で体も丈夫なため飼育しやすいインコです。

人によく懐きおしゃべりや芸も得意なため、最高のコンパニオンバードであるといえます。

中型種ということで鳴き声など気を遣わなければならない点はいくつかありますが、魅力も沢山あります。
愉快で楽しいオキナインコを家族の一員に迎えてみてはいかがでしょうか。

-オキナインコ

スポンサーリンク