アフリカオオコノハズクってどんな鳥?性格、鳴き声、寿命、餌は何を食べる?

2018/07/18

africa-konohazuku003
フクロウ類の中でもペットとして人気のアフリカオオコノハズクですが、その飼育についてはあまり情報が多くありません。

半端な知識と覚悟ではとても飼えないので、飼育前にしっかりとアフリカオオコノハズクについて知っておきましょう。
ここではアフリカオオコノハズクの性格や、飼育する前に知っておきたい情報などをまとめるので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

アフリカオオコノハズクってどんな鳥?

africa-konohazuku001
アフリカオオコノハズクは、アフリカに生息しているフクロウ(ミミズク)の一種です。

黒く縁どられた白い顔に大きな瞳、そして長めの羽角が特徴。

名前に「オオ」とついていますが、体長19~24㎝ほどと、フクロウ類の中ではやや小型の部類に入ります。

そして特筆すべきは、擬態と威嚇の姿

アフリカオオコノハズクは敵と遭遇すると、体を極限まで細く見せ、木の枝に擬態します。
その姿はまるで別の鳥のようで、初めて見た時には驚く人が多いでしょう。

そして擬態が通用しないほど身の危険が迫った時には、羽を極限まで逆立たせ、体を大きく見せて威嚇します。

このような威嚇や擬態の姿がアフリカオオコノハズクを有名にしましたが、この状態は彼らにとってかなりのストレス。
意図的に脅かしたりしてはいけません。

どんな性格?

africa-konohazuku002
アフリカオオコノハズクの性格は気が強く、好奇心旺盛です。

様々なものに興味を持ち、フクロウ類の中ではよく動く種です。
いたずら好きなので、係留飼育や放し飼いをする場合は、周りのものに気を付けてください。

人に対しても他のフクロウ類より懐きやすい傾向がありますが、基本的にはコミュニケーションを取って楽しむよりも、見て楽しむ生き物です。

一方で、かなり神経質な面もあり、ストレスにより死んでしまうこともあるので注意が必要。
わざと脅かして威嚇や擬態をさせたりするのはやめましょう。

飼い主になつく?

基本的に、フクロウ類はあまり人に懐かないのですが、アフリカオオコノハズクは、その中でも珍しく人に懐きやすい種です。
(※あくまでも「慣れる」程度で、コンパニオンバードのようなコミュニケーションはできません)

特に雛の時から人の手で愛情をもって育てることで、より友好的で人懐こい性格になると言われています。
とは言え雛からの飼育は難易度が高いので、ある程度育った個体を購入する時には、購入までの飼育環境などを事前によく確認しましょう。

スポンサーリンク

鳴き声

africa-konohazuku007
フクロウと言えば「ホーホー」と鳴くイメージがありますが、アフリカオオコノハズクは「ニャー」「キェー」など、猫のような鳴き声をしています。
夜行性なので、基本的に鳴き声を出すのは夜、もしくは餌をもらう時に出す「餌鳴き」です。

「フクロウはあまり鳴かない」とよく言われますが、同じ部屋にいなければ聞こえないほど鳴き声が小さかったり、ほとんど鳴かない個体もいます。

ただし、これも個体差が大きく、やはり中には大きめの声で鳴く個体もいるので、油断はできません。
インコやオウムと違い、大声で絶叫したりけたたましく鳴き続けるということはありませんが、集合住宅などでは一応防音対策をしておくと安心です。

餌は何を食べる?

africa-konohazuku006
アフリカオオコノハズクは肉食で、マウス、ウズラ、ヒヨコ、コオロギなどを餌として与えます。

頻度は生体で1日1~2回、量は体重の15~20%ほどを目安にしてください。
マウスは腹から糞を除去、ヒヨコも腹の中から卵黄部分を除去するなど、下処理が必要です。
(あらかじめ下処理がされた状態で販売されているものもあります)

スーパーで売っている鶏の部分肉などは、栄養不足を招く恐れがあるので、与えないようにしましょう。
給餌の際は手を餌だと勘違いして噛みついてくることもあるので、必ずピンセットを使ってください。

寿命

africa-konohazuku005
アフリカオオコノハズクの寿命は8年~10年ほどで、他のフクロウに比べるとやや短めです。

中には15年以上生きる個体もいるので、飼育環境や個体差によってバラツキが大きいようです。
できるだけストレスの少ない環境で飼育し、餌もしっかりと与えてください。
(フクロウ類は餌の処理が大変なため、それを怠って餓死するケースも少なくありません)

万が一の病気や怪我に備えて、猛禽類を診てくれる獣医師をしっかりチェックしておきましょう。

値段

アフリカオオコノハズクの値段は、20万~50万円と大きく幅があります。

相場では20万~30万円ほどのケースが多いようですが、単純に購入時の価格だけでお店を決めてはいけません。
飼育していく上では爪切りや嘴のメンテナンスが必要となりますから、購入後のアフターケアのことも考えてお店を決めてください。

まとめ

フクロウ類はとても飼育が難しいペットですが、その中でアフリカオオコノハズクは比較的飼育のしやすい種です。

しかし高価なことや決して短いとは言えない寿命、その他飼育にかかる手間を考えると、やはりそう簡単に手を出せるペットではありません。
アフリカオオコノハズクの飼育についてしっかりと頭に入れた上で、飼育できるかどうかをよく考えてみてくださいね。

関連記事:アフリカオオコノハズクを飼うのは難しい?飼育に必要なもの、月々にかかる費用を紹介!

-アフリカオオコノハズク

スポンサーリンク