パールホワイトハムスターの特徴とは?飼い方、性格、値段を紹介!

2017/09/19

115
白い毛で覆われた「パールホワイトハムスター」。

ハムスターの中でもひときわコロコロとした体をしています。

このパールホワイトハムスターはハムスターとして数えられることがありますが、正式にはジャンガリアンハムスターの一種。
ジャンガリアンを改良することで誕生しました。

今回はそんなパールホワイトハムスターを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

パールホワイトハムスターの飼育方法

118
パールホワイトハムスターのケージの選び方ですが、金網タイプと水槽タイプがあります。通気性の良い、大きめのケージを選びましょう。爬虫類用のケージもおすすめです。

パールホワイトハムスターはとても敏感なので、下に敷く木くずなどはできたらパインや杉以外のものを選ぶのがオススメ。

ストレスを感じやすい傾向があるので、キーキーと鳴いているときは、そっとしておいてあげましょう。

また、ケージの一角にトイレ、運動するための回し車を入れておいて下さい。

食べ物はプロテインや食物繊維の多い物を与えます。
キャベツ、ニンジン、キュウリ、豆類など。ですが果物は砂糖分を多く含むため、与えすぎると糖尿病にもなりやすくなります。

特にパールホワイトハムスターは太りやすいので他の種以上に注意する必要があります。

えさ箱はかじってもいいもの、平べったく重めの陶器がいいです。

プラスチックや木製だとカリカリとかじる可能性があるので避けておくのがいいかもしれません。

ケージは1~2週間に一度、掃除をします。

排泄は絶えずするので下に敷いた木くずなどは毎日取り換えるようにしてください。

水はしっかりと与え、ボトル式の水が漏れないよう確認すること。健康状態も目や手足、しっぽ他も見てあげて下さいね。

また、これはパールホワイトハムスターに限った話ではありませんが、夜行性のため、夜に運動をします。
特に回し車の音がうるさいといったことが頻繁に起こるので、その場合はケージを別の部屋におくのも一つの手ではあります。

パールホワイトハムスターってどんな性格?

117
パールホワイトハムスターは人にすぐ慣れるので、飼いやすいです。

ですが、初めは慣れるのに時間がかかる子もいます。
個体によって慣れるまでじっくりと時間をかけて慣れるようにしたほうがいいでしょう。

基本はおっとりとして大人しいですが、ストレスがたまると落ち着くがなく騒がしくなったり、多頭飼いしている場合は縄張り争いもあります。

慣れるには、自分の手の中に入れて慣れさせるといいです。但し警戒心も強いため、手をかまれる場合もあります。

怒っている時は構わずにそっとしておき、穏やかな時にコミュニケーションを取るようにしてください。

個体によっては神経質です。
パールホワイトハムスターは、歯がのびるのが早いのでストレスを感じさせないようケージ内に硬いものを入れて置くといいでしょう。

スポンサーリンク

値段

値段は1200円から3000円前後。

有名どころのハムスターと比べると珍しいので、ペットショップによっては販売していないことも少なくありません。

子供の方がしつけをしやすいので売れますが、大人でも時間をかけて慣れさせることも十分にできます。

身体の大きさ

全長:約6~12㎝
体重:約30~50g

ちなみにパールホワイトという名前ですが、毛の色は変わる時があります。
黒や茶、グレーが混じったりしますが、これは自分の体を保護するのに変化をするのです。

寿命

パールホワイトハムスターの寿命は平均で2~3年。

ですがストレスにも弱く、食べ過ぎも寿命は縮まってしまいますので気を付けてあげてください。

また、感染症にもかかりやすいため、ケージの掃除、ハムスターに触れた後は手を洗うようにしてください。
精神面でストレスを感じやすいため、何かおかしいなと思ったら動物病院に連れて行くといいでしょう。

人間と同じく、食べ過ぎないように適度な食事と運動、綺麗な寝床を作ってあげること、健康にも十分注意をしてあげると寿命も延びるでしょう。

さいごに

パールホワイトハムスターに関しては以上になります。

白く柔らかい毛並は触ると本当に暖かく、独特の触り心地がするのも大きな魅力でもあります。

その一方、性格は怒らせると凶暴にもなりかねません。ストレスはハムスターにとっても大敵です。

お互いが気持ちよく生活でき、交流しやすくするには私たちも気遣ってあげてください。

-ハムスター, パールホワイトハムスター

スポンサーリンク