うさぎをブリーダーから購入する3つのメリットとデメリット

2018/06/21

rabit
うさぎの購入となると、総合的なペットショップというのが真っ先に思い浮かぶと思います。

比較的、大きなペットショップになると目にする機会がありますが、これ以外にブリーダーからも購入できるというのはご存じですか?

犬などのブリーダーがいるのはいるのは誰もが知っていると思いますが、実はうさぎにもブリーダーというのが存在し、彼らから購入することができます。

というわけで今回はうさぎをブリーダーから購入するメリットとデメリットについて紹介していきたいと思います。
今後、うさぎを飼うことを考えているならば一度、ご覧になってみてください。

スポンサーリンク

うさぎの購入方法は主に二つ

zz-rabit001
うさぎの購入方法は主に二つあります。

一つ目は、小動物の取り扱いもあるペットショップでの購入です。

少し前までうさぎを取り扱う店舗は数少なく、また販売をしていても雑種であるミニうさぎのみの販売であったりと、非常に小さい規模の販売でした。

しかし、近年うさぎを飼う方が増えて需要が上がったことで、うさぎを取り扱う店舗も増えてきました。

そして二つ目は前述の通り、うさぎのブリーダーから直接購入するというものです。

犬や猫のブリーダーのように数は多くありませんが、こちらも近年のうさぎ需要が上がったことで、ブリーダーの数も増えてきています。

うさぎをブリーダーから購入する3つメリット

rabit-zz011
まず、うさぎをブリーダーから直接購入することによるメリットは大きく分けて3つ。
ペットショップにはないメリットは多くあるので、一つ一つ見ていきましょう。

うさぎを色味、性格から選ぶことが出来る

ブリーダーからうさぎを購入する際は、直接又は写真にて一羽一羽の特徴や色味などを相談しながら選ぶことができます。

また、ブリーダーがある程度大きくなるまで育てているため、検討している子の性格も伺うことができます。

ペットショップだと限られた数の子達の中から選び購入するため、相談したり、性格を伺ったりすることは少し難しく、その点ブリーダーはその子の親や誕生から知っているわけですから、細かな部分まで聞いたり相談したりすることが出来ます。

購入した後もしっかりケアしてくれる

ブリーダーから直接購入した後、家に連れて帰り育てることになります。

しかし、初めてうさぎを飼う方や今まで飼っていた子と種類が違う場合は、色々な面で分からないことや不安が出てくることもあります。

そういった悩みを相談できるというのもブリーダーから直接購入する大きなメリット。

ペットショップで購入した場合もある程度相談に乗ってもらうことはできますが、生まれから見ていたわけではない為、性格的な事や餌の選り好み等、店員では対応できない部分も出てくると思います。

何より、ペットショップのスタッフは専門的な知識を持ち合わしていないことも少なくありません。

こう比較してみると、ブリーダーから購入することで購入後も安心してうさぎと暮らすことができますよね。

そして最近だと、ブリーダー自身がブログを書いていることもあり、「前にロップの子をお迎えしてくださった方が遊びに来てくれました!」等と、購入後の交流をアップしている様子もよく見かけます。

購入したら終わり!というわけではなく、購入後もケアしてくれるのも一つのポイントと言えます。

ある程度のしつけがされている

ブリーダーから購入する場合、およそ生後1か月~2か月程度の子うさぎをお迎えすることが多いのですが、子うさぎのうちにしっかりとトイレや餌のしつけをするのは初心者には中々難しく、苦労している方もそれなりにいます。

しかし、ブリーダーから購入する際はすでにブリーダーが数ヵ月間、飼育されているため、ある程度のしつけがされています。
そのため、お迎えした後もトイレを覚え直し、場所を教え込む程度の簡単なもので済みます。

ペットショップでも最近はトイレや餌のしつけをしている事もちょくちょく見かけるようになりました。

しかし、やはり他の動物も同時に扱っているため、一羽一羽に丁寧なしつけをすることはできません。

その点、ブリーダーはうさぎのみを扱っているため、しつけの仕方も心得ているプロですので、もししつけに困った場合も気軽に相談することができます。

スポンサーリンク

ブリーダーから購入するデメリットはある?

ここまでメリットについて紹介してきましたが、ブリーダーから購入するデメリットというのも少ないながらも存在します。

まずは価格の問題

ペットショップで売っているうさぎと同種の子であっても、ブリーダーから購入するとなると倍近く値段が変わると言われています。

また、先ほども述べたように、近年ブリーダーの数は増えつつあるものの、未だブリーダーや、ブリーダーの経営する「うさぎ専門店」は全国的に見ても少ないです。

そのため、住んでいる場所の関係から直接お店に向かうことが難しかったり、遠くの専門店でお迎えして家に連れて帰るまでにストレスを与えてしまったりというデメリットもあります。
※2013年の法改正で動物の対面販売が義務化されたことで、遠方であっても直接、対面しないと購入できなくなりました。

さらに信頼できるブリーダーを探さなければならないという問題もあります。

ブリーダーと単に言っても本当に様々で、育てている子に対して愛情がなく、販売するだけして終わりというブリーダーもいると聞きます。
無理な交配によるブリーディングを行っていたり、

まとめ

以上、うさぎをブリーダーから飼うメリット、デメリットについて見てきましたが、最後にもう一度まとめておきたいと思います。

まずメリットは
*性格や色味から細かく選ぶことが出来る
*購入後のケアも手厚く行ってくれる
*ある程度のしつけがされている場合が多い
というものでした。

対するデメリット

*値段がペットショップより高い
*店舗数が少なく、移動でうさぎにストレスを与えてしまうこともある

うさぎの購入を考えている方は、是非メリットデメリットを見直し、ペットショップとブリーダーのどちらで購入するか決めていただきたいと思います。

-うさぎ

スポンサーリンク