世界最小のハムスター、ロボロフスキーハムスターの飼い方、性格~寿命や大きさは?

2017/09/17

69
ロボロフスキーハムスターはペットとして飼われているドワーフハムスターの中では最も身体が小さい種類。

ゴールデンハムスターやジャンガリアンにくらべると、マイナーで珍しい種類に入り、飼われる機会も圧倒的に少ないですが、魅力はいくつもあります。

今回はそんなロボロフスキーハムスターについて紹介していきたいと思います。

関連:人気のハムスターはどの種類?それぞれの特徴と違い

スポンサーリンク

ロボロフスキーハムスターってどんな性格?

70
ロボロフスキーハムスターは一般に臆病で、なつきにくいハムスターと言われています。

人にはあまりなつきませんが、好奇心は強く、運動量も豊富で活発な性質です。

とても怖がりなので、触れ合って可愛がるというよりは、愛らしい姿を愛でるという飼い方に向いている種類です。

臆病ということは、神経質でストレスを感じやすいということでもあるので、飼う時には注意が必要です。

怖がりな反面、好奇心旺盛で活発な一面もあるので脱走にも注意が必要。
なかなか一筋縄ではいきませんが、ハムスター上級者の方にはそこが魅力だと言われています。

飼い主になつく?

ロボロフスキーハムスターについては、臆病でなつきにくいと言われています。

見た目の可愛らしさとあわせて、観賞用のハムスターと呼ばれることもあるほどです。

じっくり時間をかけて環境になじませてやれば、ハムスターの方から飼い主と交流するようになることもありますが、積極的に手の上に乗ってくるタイプではないようです。

また、怖がりですぐ逃げるため、他の種類に比べて飼い主を噛むことは少ないと言われています。

多頭飼いはできる?

他の種類のハムスターに比べると、けんかが少ないため、多頭飼いに向いていると言われています。

しかし、やはり成長に従って個体それぞれの性格が出てくるため、突然ケンカが起きたり、相性の良し悪しが出来てグループに分かれたりすることもあるようです。

また臆病な性格のため、何かに驚いて興奮するとケンカのような行動になることもあります。

他の種類に比べると多頭飼いしやすいというものの、初心者が何匹も飼うのはおすすめできません。ハムスターの個性を理解し、区別できるようになってからの方が良いでしょう

スポンサーリンク

身体の大きさ

71
体長は約7~10cm、体重は約15~30gと、ジャンガリアンハムスターに比べても半分ほどの大きさしかなく、世界最小のハムスターと呼ばれています。

体の大きさの割に頭が大きく、2頭身のようにも見える外見。同時に目も大きいため、おとなのハムスターでも子どものように見えるのが魅力の一つ。

大きさの割に活発なので、飼育スペースはジャンガリアンハムスターと同じくらいの広さを用意してあげましょう。

寿命

ロボロフスキーハムスターの寿命は2年〜3年ほど。

もともとロシアやモンゴルなどの寒い地域を原産としているため、寒さや乾燥には強く、比較的環境に強いハムスターと呼ばれています。

しかし、臆病な性格でストレスに弱いことと、その体の小ささから、対応してくれる獣医さんが少ないことなどを考えると、長生きしてもらうためには飼い主さんの注意が必要です。

また、餌は通常のハムスターと同じもので飼えますが、他の種類に比べると肉食性が強いため、ミルワームを与えるとよく食べるようです。

ミルワームを与える事で、なつきやすくなったという声もありますので、できれば用意してあげると良いでしょう。

値段

ペットショップなどで購入する場合は、一般に2000円~10000円くらい。ゴールデンやジャンガリアンに比べると流通している数が少ないためやや割高となっています。

また、毛色などが珍しいものは値段も高くなっています。

初心者にとってはやや飼いにくいといわれるロボロフスキーハムスター。

トイレの躾が難しい(実質的に「できない」と思った方が良い)など、初心者にとってはハードルが高い種類ですが、上級者にとっては逆にその個性が楽しいという意見もあり、一度は飼ってみたい魅力的なハムスターでもあります。

さいごに

ハムスターの中でもマイナーな印象があるロボロフスキーハムスターですが、身体がとにかく小さく、他の種類にはない魅力もあります。

飼育の難しさこそありますが、ハムスターの飼育経験が長い方は、一度、検討してみてはいかがでしょうか。

-ハムスター, ロボロフスキーハムスター

スポンサーリンク