サファイアブルーハムスターの飼い方、性格、販売価格、飼育に必要なもの

2018/06/06

sapphire-hamster003
サファイアブルーハムスターはハムスターの種類の一つとされていますが、あのジャンガリアンハムスターから派生した種類の一つです。

ちなみにサファイアブルー色とはグレーと茶色の混ざった色。
どの子も背骨に沿って生えているかのような模様が大きな特徴で、頭からお尻まで一本の軸があります。

今回はそんなサファイアブルーハムスターについて紹介をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

サファイアブルーハムスターの飼い方

djungarian-hamster007
サファイアブルーハムスターの飼い方ですが、特段、難しいことはなく、基本的にはジャンガリアンハムスターと同じです。

基本的に太りやすいので外に出して運動をさせてあげたり、回し車をつけたり、家のものでトンネルを作ってあげるのもいいです。

昇ることも好きなのでトイレットペーパーの芯や箱などをケージなどに入れておくと気が向いた時に遊んでくれます。

餌はニンジンやキャベツ、水、硬めのクラッカーでシュガーレスのものや塩分の少ないクラッカーなど。歯にストレスをためやすいので硬いものを入れてあげます。

関連記事:ジャンガリアンハムスターの性格、飼い方、身体の大きさ~人気の要因は?

サファイアブルーハムスターの飼育に必要なもの

sapphire-hamster001
サファイアブルーハムスターを飼う場合はジャンガリアンハムスター用のアイテムであれば代用することができます。

ケージ、餌入れ、回し車にボトル式の給水器。
床に敷く干し草や餌をその都度ご用意ください。

ケージ

ケージはできるだけ金網ではないものがおすすめです。

小さいものよりも大きい方がいいのです。縦30x横40㎝x高さ25㎝程はあると理想ですが、ハムスターは縄張りを持つ習性があるので、できるだけ大きめのものを用意したほうがいいでしょう。

ガラス製やプラスチック製の水槽が合います。床には干し草やシュレッダーで細かくした紙などを敷くといいです。

チューブが多い形のケージは合いません。毎週1回は掃除をし、餌や汚れた床などは毎日取り換えましょう。

餌入れ

餌入れといっても様々ですが、理想は陶器製。
プラスチック製や木製だと噛んでしまったり、倒しやすいので避けておいた方がいいかもしれません。

回し車

回し車は1つ入れて運動をさせましょう。
特にハムスターは太りやすく糖尿病になりやすいので、できるだけ運動はさせるようにしてください。

ですが個体によっては回し車が好きではない子もいるので、その場合はケージから出して上げるといった対処も必要になります。

給水器

給水器はケージの外側に設置しましょう。新鮮な水を入れてあげます。
水漏れなどないように確認し、気を付けるようにしてください。

サファイアブルーハムスターってどんな性格?

サファイアブルーハムスターはジャンガリアンから派生した種類ということもあって、大多数の個体が性格的にも大人しく、人にもなつきやすいです。

オスメスのペアやグループで住むのが好き。

生後3か月を過ぎると怒ったハムスターは声を出して主張することもあります。
知的なので人間の話す言葉にも反応します。

スポンサーリンク

最大の特徴は毛のカラー

サファイアブルーハムスターの毛の色は、ブルーのうっすらとかかった濃いグレーと茶色。

一般のジャンガリアンととても良く似ていますが、中には茶に黒が混じったグレーのようなカラーの子もいます。

販売価格

sapphire-hamster002
1000円から3000円前後。サファイアブルーハムスターは珍しいとされているので、お店ごとで販売価格はまちまちです。

やはり生まれてから子供のうちのほうがしつけをしやすい分、よく売れます。
大人であっても時間をかけることで飼い主と判断してなついてくれます。

安すぎる場合は訳ありの場合もありますし、毛色が貴重な場合は値段が高め。

どこで購入できる?

購入方法は以下の4つ

1.ペットショップ
総合的なペットショップでは目にする機会は少ないですが、げっ歯類に力を入れている場合は店頭にいることがあります。

2.爬虫類ショップ
活ラットとして販売のもの

3.通販で購入
近年はネットショップなどでも販売されるようになりましたが、有名どころと比べると扱っているショップは少なめ。

4.里親募集サイト
既に飼っている方を探す。
ただ、ハムスターは寿命が短いので、里親で成長した子を引き取る場合、一緒にいる時間はどうしても短くなります。

さいごに

いかがでしたか?

サファイアブルーハムスターの特徴に関しては以上になります。

身体も小さく飼いやすいので、ただ観賞用に見るだけよりも、触れてなつくようになると家の中でも一緒に遊んだりすることも可能です。
珍しい種類のハムスターが欲しいならば、選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

-サファイアブルーハムスター, ハムスター

スポンサーリンク