スキニーギニアピッグの飼育方法~性格、大きさ、販売されている値段は?

2018/06/08

skinny guinea pig on the white
スキニーギニアピッグとは人懐っこく、ミニブタのようなモルモットのこと。

ピッグという名がつく上に外見的にもブタと思われがちですが、実はモルモットの種類の一つで、決してメジャーな動物ではありませんが、魅力たっぷりでペットとして飼育することも出来ます。

今回はこのスキニーギニアピッグという動物の魅力・飼育方法や性格といった部分について触れていきたいと思います。

なお、飼育方法、餌の詳細は以下のモルモットの記事を参照ください。
関連記事:モルモットの飼い方と飼育に必要なものとは?餌は何を食べる?

関連記事:モルモットってどんな生き物?種類、性格は?購入方法や値段は?

スポンサーリンク

スキニーギニアピッグってどんな動物?

モルモットと一言に言っても様々な種類に分かれているのですが、スキニーギニアピッグは普通のモルモットとは違って、口の周りや手足だけに毛のある子、全く毛のない子、さらにはピンクや茶色など色々なタイプの子がいます。

モルモットというのが一般的に知られるようになるのと同時に、スキニーギニアピッグの認知度も上がり、テレビで紹介される機会も増えてきました。

自宅で飼育は可能?

Hairless rat (guinea pig).
スキニーギニアピッグは普通のモルモットと同じように飼育することができます

ゲージやエサはモルモットと同じで大丈夫ですし、人懐っこい性格でとっても寂しがり屋なので一頭飼いというよりは多頭飼いの方が良いかもしれません。

他のモルモットよりもよく鳴くので近所迷惑にならないように注意が必要です。

また、警戒心がとっても強いので周囲の音によってストレスになる事があります。
飼育するケージは出来る限り静かな場所に設置してあげてください。

飼育する上で注意しなくてはいけないことは?

スキニーギニアピッグは毛がないということもあり、肌の乾燥や汚れに注意が必要です。

定期的に、お風呂用の桶などにお湯を張ってお風呂やお湯で湿らせた布で汚れをふき取ってあげてください。

ゲージの掃除は毎日することが好ましく、掃除を怠ると皮膚の病気になる事もあるので注意しましょう。
また、小さい割に食欲旺盛で沢山食べるので排泄物の処理にも気を付けましょう。

スポンサーリンク

スキニーギニアピッグはどんな性格?

性格はとっても臆病で警戒心が強いので、家に連れて帰って最初のうちはゆっくり慣らしてあげることが大切になってきます。

とっても人懐っこい性格の子が多いので、あなたや家族にもすぐに慣れてくれるはずです。

しかし、人懐っこい反面とっても寂しがり屋なので、寂しくてストレスを感じると鳴いてしまいます。
結構大きな声で鳴いてしまうので、音が響きやすいマンションなどは注意が必要です。

身体の大きさ

スキニーギニアピッグを家族に迎えようかな?とお考え中の方は、成長するとどこまで大きくなるのかというのは気なるところではないでしょうか?

体長:15~25センチ
体重:1.5キログラム

身体的なものはモルモットとほぼ一緒だと思ってください。

モルモットとスキニーギニアピッグの一番大きな違いは、毛がない事です。

毛がない動物の特徴は体温調節が苦手だという事。
やはりペット用のヒーターや保冷剤は必須です。

また、冬の寒い日にはゲージを毛布で覆ってあげる、暑いときはゲージに熱がこもらないように風通しを良くしてあげるなど工夫してあげましょう。

餌は何をあげればいいの?

モルモットと同じと言われても、そもそも何を食べるのかご存じでない方もいると思いますが、この辺りはペットショップにはモルモット用の餌が売っているので心配ありません。

スキニーギニアピッグは低血糖やビタミン不足になりやすい動物ですので、ドライフルーツや野菜などをあげるのもオススメ。
小さい身体ですが、体温調節でエネルギーが必要なのでモルモットよりもよく食べる傾向があります。

値段は?どこで販売されている?

スキニーギニアピッグはある程度の大きさのペットショップならばモルモットと並んで売っているのが一般的です。

値段は2万~5万円。

とってもリーズナブルに手に入りますが犬や猫と一緒で”生き物”です。
生き物を飼うと言うことは命に対しての責任がありますので、決して気軽に買うことの無いようにしてください。

まとめ

以上がスキニーギニアピッグの生き物としての特徴になります。

毛がないムチムチの身体に、つぶらな瞳、小さな身体で一生懸命歩く姿、寂しくて鳴いてしまうほどの人懐っこさ。
スキニーギニアピッグの魅力はいくつもあります。

犬や猫と違って小さい分、注意しなければいけないこともありますが、それさえ注意できれば最高に可愛いペットになってくれること間違いなしです!

最後に、生き物を飼うと言うことはとても大変な事ですので、しっかりと注意すべき部分は頭に入れつつ、素敵な飼育生活を送ってください。

-スキニーギニアピッグ, モルモット

スポンサーリンク