うさぎのくしゃみの原因は?病気の可能性は?

2018/06/17

A rabbit in the snow
人間と同じように、うさぎもくしゃみをすることがあります。

くしゃみの原因は様々ですが、稀に病気が原因でくしゃみをすることがあるというのはご存じですか?

今回は、うさぎのくしゃみの特徴と考えられる病気について見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

うさぎのくしゃみは注意すべき?

rabit-zz016
うさぎが小さな声でクシュン、とくしゃみをするのを聞いたことはあるでしょうか。

うさぎのくしゃみは大きく二つに分けることができます。

まず一つ目が、ほこりやごみなどの異物が鼻に入ったことで起きるくしゃみです。

うさぎも人と同じで、異物が鼻に入るとそれを外へ出すためにくしゃみをするのですが、1回から数回のくしゃみを短時間にするようでしたらこれにあたるケースが多いです。

これは日常的に起こり得るくしゃみですので、心配する必要はありませんが、あまりにも埃っぽい環境はうさぎにとっても衛生的に良くありませんので、こまめに掃除をしてあげるようにしましょう。

二つ目は、病気が原因で起きるくしゃみです。

これは異物が鼻に入った時とは異なり、連続的にくしゃみが起こったり、鼻水が出るといった症状が見られます。

このようなくしゃみが見られたら、病院に行き、原因となっている病気を特定した上で治療を行う必要があります。

では、くしゃみが起こる原因となっている病気にはどのようなものがあるのでしょうか。
詳しく見ていきたいと思います。

可能性のある病気は?

うさぎがくしゃみをする原因となっている病気として考えられるのは、スナッフル、パスツレラ感染症、アレルギーの3つです。

それぞれくしゃみが症状として見られる病気ですが、原因や治療方法などが異なることもあります。
それぞれの病気について下記で紹介していきます。

スポンサーリンク

スナッフル

スナッフルとは、細菌感染によって鼻や気管支などの呼吸器が炎症を起こしてしまうことの総称です。

症状としては、やはり連続性のくしゃみが見られたり、鼻水が出たり、涙や目やにが出たりします。
鼻や気管支が炎症を起こしてしまう為、放っておくと悪化し、最悪、呼吸困難に陥り死に至るケースも考えられます。

主に、パスツレラ菌という細菌が原因となっており、ストレスによって病気が引き起こされるとも言われています。

日頃からケージ周りを清潔に保ち、なおかつうさぎがストレスを感じないように気を配ってあげることでスナッフルにかからないよう予防することが出来ます。
また、スナッフルの症状が見られたら、すぐ病院に連れていき早めの治療を行うことも大切です。

パスツレラ感染症

スナッフルの原因にもなっているパスツレラという菌に感染する病気のことをいいます。

パスツレラ感染症は、鼻や気管支に症状が見られるのが主とされていますが、他の箇所に感染すると別の症状が見られることもあります。
(感染例としては、結膜炎、内耳炎、肺炎、子宮蓄膿症、膿瘍といったものが多くあります)

パスツレラ感染症の症状としては、粘性の強い鼻水が出たり、くしゃみをしたりというのが初期症状として見られます。

悪化すると、副鼻腔炎を起こしてしまい、鼻水が膿性鼻汁に変わります。
手で鼻をこするため、手に鼻汁がつきごわごわする様子が見られるのも特徴の一つ。

この病気もスナッフルと同様、鼻や気管支に関わる病気ですので、放っておくと危険な病気です。
悪化すると肺炎や敗血症になり、死に至るケースもあります。

パスツレラ菌という菌自体は、多くのうさぎが潜在的に持っていると言われていますが、ストレスなどが原因となり、症状を引き起こしてしまいます。

うさぎにとってストレスは万病の元ですので、出来るだけストレスを与えないようにしましょう。
そして、症状や気になる事がある場合はすぐに病院に行くように心がけましょう。

アレルギー

人と同じように、うさぎの中にもアレルギーを持っている子がいます。

すのこやかじり木などに反応していることが多いと言われているので、もしくしゃみを行うようでしたら、別の木材を使用している物に変更したり、取り除いてあげたりすると症状の改善が見られます。

うさぎにとって心地の良い環境づくりをしてあげて下さい。

まとめ

うさぎがくしゃみをする原因となっている病気はスナッフル、パスツレラ感染症。
他にもアレルギーによるものもました。

特に、スナッフルとパスツレラ感染症は危険な病気で、炎症を起こしてしまうと、環境を変えてあげるだけでは症状を治すことは出来ません。
気付いた段階で病院で診てもらうようにしてください。

そして、普段から衛生面に気を配ったりストレスを与えないようにしたりし、病気を予防するというのも飼い主の務めでもあります。

-うさぎ, 病気

スポンサーリンク