長寿の大型オウム、キバタンの飼育時は鳴き声に注意!防音対策、餌、大きさは?

332
最近の鳥ブームで見かける機会が増えたインコやオウムですが、飼うのを検討している方もいるのではないでしょうか?

今回は、オウムの中でも高い人気を誇る「キバタン」の生態や飼育方法など、飼うときに知っていて欲しいことをご紹介します。
いくつもの魅力があるキバタンですが、だからといって簡単に飼育するとはいかない問題もあります。

スポンサーリンク

キバタンの生態

336
キバタンは「バタン」というオウムの仲間です。

「バタン」は、白を基調とした白色オウムと黒を基調とした黒色オウムに分かれるのですが、今回紹介するキバタンは白色オウムの仲間です。

野生ではオーストラリアに広く生息していますが、数が増えすぎていることが問題にもなっています。

キバタンはもふもふした白い体に、黄色の冠羽、翼の内側が黄色のグラデーションになっているのが大きな特徴です。
種類によっては頬や尾羽にも黄色が入っていて、とても愛らしい見た目をしています。

キバタンの飼育方法

338
大型であるキバタンを飼育する際、その大きさに適した広いゲージが必要になります。
窮屈にならず、少しなら問題なく動けるほどのスペースを確保しましょう。

また、とても賢い鳥なので、脱走も簡単に行ってしまうので、出入り口は頑丈な鍵などで固定して、脱走を防ぐ工夫が必要です。

餌は何を食べる?

キバタンの餌はオウム用のペレットを主食とし、おやつとしてりんごやバナナ、野菜を与えます。

個体ごとに好きなもの、嫌いなものがあるので、好きなおやつを見つけてあげるようにしてくださいね。

飼育時に気をつけたいこと

キバタンを飼育するにあたって最も気を付けなければならないのが鳴き声です。

キバタンの鳴き声は人間の大人が叫ぶよりもはるかに大きな声でよく通ります。

叫ぶような鳴き声で、響き渡るので、防音対策をしっかりしないと近所迷惑になることも。
実際に飼育される方の中には近所とのトラブルになってしまったという話もよく聞きます。

防音対策

声が大きくよく鳴くという特徴から、やはり集合住宅では飼うことを避けた方が無難です。

戸建で飼う場合にも、防音対策が必要になります。

防音対策には、主なものが3つあります。
順番に見ていきましょう。

壁に防音材を敷き詰める

家中の壁を防音仕様にするのが一番効果があると言われています。

大幅な工事が必要になりますし、費用の面もあるのでしっかり検討してから行うようにしましょう。

また、最近はワンタッチで取り付けられるものや釘を使わないものも出ているので工務店の人に相談してみることをお勧めします。

内装に手を加えることになるので、自身が所有する家、近所とのトラブルを避けるためにも戸建の方に限ります。

防音アクリルケージを使う

防音仕様のケージですが、このケージは夏に暑くなりやすかったり、通気性が悪かったりと何かと不便があるので 注意して見ている必要があります。

しかし、アクリルケージは脂粉(フケのようなもの)の飛び散りを防いでくれる利点があるので、キバタンを買う際には一度検討してもいいかもしれません。

防音カーテンを使う

防音カーテンに変えるだけで防音効果が期待できます。

インテリアショップには消臭と防音が一緒になっているものもあるので、一度お店で確認してみるといいかもしれません。

通常のカーテンと比べると値が張りますが、手軽に変更できるので、最初の防音対策として行ってみるといいかと思います。

寿命が長い

339
キバタンの寿命はとても長く、野生でも20~40年、飼育されているキバタンだと50~70年も生きることがあります。

長い間一緒にいることができるというのは飼い主として幸せなことでもあるのですが、この50年というのは決して短い年月ではありません。

最後まで面倒を見る覚悟が必要です。

しっかりと覚悟ができたとしても、数十年という期間に住環境、主に世話をする人などが変わるというのは大いに考えられます。

また、中には代を跨いで飼うことも珍しくない鳥なので、家族との相談も不可欠になります。

スポンサーリンク

キバタンってどんな性格?

337
キバタンは非常に高い知能を持ち、「犬のような鳥」と言われるほどです。

好奇心旺盛な明るい性格の個体が多く、教えればダンスやおしゃべりなど、人間と様々な遊びを覚えてくれます。

一方で、とても甘えん坊な面もあり、撫でてもらうなどスキンシップも大好きです。
ほどほどの時間構ってもらったりしないと、逆にストレスにつながります。

賢いだけあってストレスにも敏感なので、長時間1人になることや環境の変化で強いストレスを感じてしまい、毛を引き抜いてしまったり自らを噛んだりと危険な行動をとることがあります。

退屈しないように知恵おもちゃを与えると喜んでくれるようです。
様々なおもちゃを与えたり、部屋を飛び回らせたりと退屈しないように工夫してあげてください。

価格

大型ペットショップや専門店で買うことが出来ます。

ペットの中ではとても高額な方で、30~50万円ほどです。
年齢が若い方が高額な傾向にあり、オスよりもメス、輸入した鳥よりも国内の鳥の方が高いです。

大きさ

体長は約50cm、体重は800g程度です。

鳥の中ではとても大型の部類に入ります。

まとめ

賢く、人間とのコミュニケーションが取れる鳥として知られているキバタンですが、鳴き声が大きく、防音対策は必須となります。

また、寿命が長く、最後まで責任を持って飼育できるかという問題も出てきます。
魅力が多いにも関わらず、飼育数が少ないのは、このような要因によるものでもあります。

中にはキバタンは飼うのが難しいと思われることがありますが、上記の問題をクリアできれば、問題なく飼うことができる鳥でもあります。

関連記事:オウムの種類ごとの特徴、寿命、価格~ペットとして飼いやすいのはどれ?

-オウム, キバタン

スポンサーリンク