ハムスターは夏が苦手!万全にしておきたい暑さ対策

2018/06/17

hamster-zz005
湿気が多く蒸し暑い日本の夏というのはハムスターにとって、人間と同じく過ごしにくい季節です。

ハムスターの場合、暑さが命にかかわる病気になることもあるので、時期を少しでも快適に過ごしてもらえるよう、夏が来る前に暑さ対策を万全にしておきましょう。

下記ではハムスターの暑さ対策について、項目ごとに分けて紹介していきたいと思います。

関連:ハムスターの飼育に絶対に必要なもの5つとあれば良いもの

スポンサーリンク

ハムスターは夏の暑さが苦手

冒頭でも触れましたが、まずハムスターというのは暑さが苦手だというのを頭に入れておく必要があります。

野生のハムスターは、砂漠地帯などに生息しているので暑さに強いと思われがちですが、地下に巣穴を掘り涼しいところで生活をしているので、日本のような高温多湿の夏の暑さには非常に弱い動物です。

また、ハムスターというのは私達人間のように汗がかけないため、体温調整がうまく出来ずに熱中症などになりやすいので、身体の外側、つまり室温と湿度管理が本当に大切になってくるのです。

ハムスターの適性温度はどれぐらい?

hamster-zz006
ハムスターの適性温度ですが、ゲージ内が20~28度で湿度は40~60%ぐらいが快適に過ごしてくれる環境だとされています。

上記の数値は幅が広いですが、これは個体差があるから。
普段からハムスターの様子を見ながら、様々な方法で温度と湿度を管理してあげてください。

温度ならまだしも、湿度の感じ方というのは人によって変わってくるので、ゲージ内またはゲージ付近に湿度も計れる温度計を設置しておくのも良いかもしれません。

夏の暑さ対策

暑さ対策には、常時エアコンで温度管理をするのが望ましいですが、飼い主が留守の時などエアコンをつけていられない場合、昼間に室温が上がってしまうのでそれなりの対策が必要になります。

まずは気を付けるべきなのがゲージの置き場所。

日光が当たる場所だと、せっかくエアコンをつけていたとしてもゲージ内の温度が上がってしまいます。

逆に、涼しいだろうからとエアコンなどの風が当たる場所では、風が直接当たってしまい、ストレスになってしまいます。

ケージの置き場所としては日光が当たらず、家の中でも室温が低い部屋、なおかつエアコンなどの風が直接当たらない場所というのが理想になります。

通気をよくする

Small Yellow Hamster Cage
通気をよくするというのは直接風が当たるという意味ではなく、熱気や湿度がたまらないことを指します。

今やハムスターのケージも様々な種類のものが販売されていますが、中でもワイヤータイプのゲージは通気性もよく夏場向きです。

水槽型やプラスチック製は熱気や湿度がこもりやすいので、穴をあけたリ蓋を網に替えるなど通気性を良くする必要があります。

神経質なハムスターにはお薦めはできませんが、夏場はワイヤータイプにお引っ越しするというのも良いかもしれません。

その場合、ワイヤータイプのゲージは、ワイヤーを登って落下することがあるので注意が必要です。

新鮮な水を欠かさない

暑さ対策グッズとは違いますが、私たち人間同様、ハムスターにとっても水というのは重要なもの。

ハムスターというのは本来、多くの水を必要としない生き物ですが、暑い夏場はやはり飲む水分量は増えます

また、給水ボトルの水の劣化も早いので、一日に2回は取り替えてあげるようにしてください。

スポンサーリンク

暑さ対策グッズはどんなものがある?

暑さ対策グッズも様々なものが販売されています。

ペットショップなどで販売しているもので人気なのが涼感ハウス、プレート、天然石など。

陶器製のハウスに替えるだけでも、冷たさを感じるので違いは明白です。

警戒心が強いハムスターには向かない物もあるので、ハムスターに合った物を選ぶようにしましょう。

保冷剤

保冷剤やペットボトルに水を入れて凍らせた物などをタオルで巻いてゲージ周りに置いても氷が解けるまでの短時間なら十分な効果があります。

置き場所はケージの下の部分。

省エネで集中的に周辺温度を下げるという効果はありますが、やはり急激に温度を下げてしまうこと、温度差でかなりの水滴が発生しますので、カビの原因にならないかといった注意が必要になります。

ハムスター用クーラー

アルミ製のハウスの屋根に、水で濡らした布を掛け気化熱で冷却するクーラーと呼ぶ物はありますが、残念ながらハムスター用クーラーはありません。

クーラーを手作りされている方はいるようです。

小動物用の扇風機やスポットクーラーといったものならいくつか販売されていますが、ハムスターは直接風が当たるのはストレスを感じるだけになってしまいますので不向きです。

ウェットタイル

水に濡らし、その蒸発で冷却する素焼きのタイルです。
風通しの良いところで使うと効果的です。

タイルがこすれる音や爪が当たると音がするので、怖がりの子や音に敏感な子には、初めは濡らさずにタイルの上にタオルを敷く等して慣れさせることが必要になります。

また、良く冷えるので冷え過ぎには注意しましょう。

ひんやり涼感ハウス

185
熱伝導に優れたアルミ製ハウスの代表格。

家の形をしていたり、アーチ状のものもある。

直接触れることで体温を吸収して放熱してくれ、冷えすぎることもないので安心です。
使用時の注意点もなく、手軽に試すことができます。

まとめ

暑さ対策グッズは、一時的に体温を逃がすのが目的で室温を下げる効果のある物は少ないようです。

暑さに弱いハムスターの暑さ対策にはエアコンに勝るものはありません。

電気代が心配かもしれませんが、小さな命を守るために、エアコンで室温を管理しながらグッズで体温を調整し、快適に暑い季節を過ごせるようにしてあげましょう。

-ハムスター, 飼い方
-,

スポンサーリンク