種類、色が豊富なウロコインコ、飼育方法、性格、寿命、価格などを紹介!

202
出典:http://kakegawakachouen.hamazo.tv/e6735514.html
ウロコインコとは黒目の周りが白く、クルクルした悪戯っぽい大きな瞳を持ち、色が少し地味目の緑色の中型のインコ。

ウロコインコという名前の通り、首回りや胸元の羽がウロコのような模様をしているのが特徴です。

飼い主の手のひらでコロコロと転がったり、仰向けに寝転んでくれたりするので、インコの全身を撫でまわしたいスキンシップ大好きな方には、ピッタリのインコと言えます。

今回はそんなウロコインコの飼育方法、性格、種類や価格などについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ウロコインコの生態

262
南米原産で熱帯雨林に住む鳥なので暑さに強く水浴びが大好きです。

反面、寒さには弱いとされていますが、適応力が高いのでヒナの時期を除いたら、ある程度の寒さであれば大丈夫とされています。

噛む力が大変強いので飼育は流血覚悟が必要ですが、噛む仔と噛まない仔の個体差が大きいとも言われています。

大変頭の良いインコですので甘噛みの時点から嘴を軽くつまんで『ダメ』と繰り返し注意すると躾ける事が出来ます。

ウロコインコの飼育方法

263
ウロコインコはとにかく噛んだり、齧ることが好きなので、ケージはさびないステンレス製、尾羽が長いので高さのある物が良いでしょう。

排泄をケージに張り付いた状態でする事が多く、ケージの側面や周囲が汚れますので掃除の仕方や敷物(新聞紙)などを置いて工夫します。

脱走が得意なので出入り口には必ずナスカン等の鍵をかけます。
日光浴で外に出す時は鍵の確認を怠らないようにしてください。

放鳥時間は決めて行い、目を離さないようにします。
衣服やポケット、布類などに潜り込む事も有り、人間の不注意で圧死させる悲しい事故も起きているので注意してください。

※透明のガラスに激突死する事も有りますのでカーテンは閉めてください。

なお、おもちゃは齧って遊ぶ物がオススメ。
何でも齧りますので放鳥の際は鉛系の金属や化学塗料が塗られたものを置かないようにしてください。

餌の選り好みは少ない方で、シードは高カロリーにならないように気を付けます。

高脂肪のシードはヒマワリの種やサフラワー等で、低脂肪のシードはソバの実、オーツ麦などです。

ペレットとシード

ペレットを与える場合、ウロコインコは器用に足指で掴んで食べますので長さのあるペレットがお勧めです。

ただしペレットを水につけて食べるようなら(水が早く悪くなり、栄養が水に溶け出るため)シードがお勧めです。

シードの場合は別に塩土やボレー粉が必要です。
また、果物(りんご、バナナ、パイナップル、ぶどう等)や青菜も与えてください。

ウロコインコの種類

261
ウロコインコはいくつもの種類がおりますが、中でもホオミドリアカオウロコインコが一般的で尾羽の色は赤。

他にはウロコメキシコインコ、アオシンジュウロコインコ、アカハラウロコインコ等がおり、どの種類も緑、青、黒を基本とした暗めの色合いとなっています。

最近ではホオミドリウロコインコのサンチーク(頬が赤く背中の色が黄緑色でお腹は黄色、尾羽は赤色)のダイリュートパイナップルという、華やかで美しい種類のウロコインコが大人気ですが、市場に出回っている個体は非常に少なく、供給が追い付いていません。

日本でも多くのブリーダーが繁殖にチャレンジされているものの、思うようにはいかないというが実情です。

スポンサーリンク

ウロコインコの性格

ウロコインコは感情表現が豊かで、すねたり、ヤキモチを妬いたりと、とても分かりやすい性格の持ち主。

とても賢く、知能は人間の幼児並みにあるとされています。

学習能力や記憶力も高く、色々な芸をしている動画がインターネット上で見ることが出来ます。

床の上でのでんぐり返り(横向き、前向きなど)や、鳥は色の違いが分かるので青色の物を青色の入れ物に入れるなどの色分けの芸を覚える子も居ます。

何でも齧り、色々な物でよく遊び、大好きな飼い主の後追いをし、個体によっては転がって遊んだり、頭カキカキや、手のひらでギュッと包まれたりするのも大好きです。

ただし、噛む力がとても強いので本気で噛まれると簡単に流血します。

噛んできたら甘噛みでも、目を見て低い声で『イケナイ』と嘴をつまんで繰り返し注意しながら躾けます。

飼い主になつく?

ウロコインコは飼い主にべったりで後追いする仔も多く、ポケットに入ってきたりと、よく懐いてくれるインコです。

べた慣れを希望ならヒナからの飼育がベストですが、一人餌になってからでも懐いてくれる仔は多いです。

空腹時に餌を置いて近くで見守る所から始め、次は手のひらに乗せて食べてくれるのを待つというように焦らず毎日続けていけば、自然となつくようになります。

おしゃべりは得意?苦手?

おしゃべりはあまり得意ではありませんが、自分の名前を言ったり、オスなら数単語おしゃべりしたりする仔もいます。

この辺りは個体差が大きいですが、おしゃべりを教えるならば、早いうちの方が覚えは早いです。

鳴き声は?

普段の声は美声では有りません。

体の大きさの割に呼び鳴きはかなり大きいものの、頻繁に鳴くわけでは有りません。
とはいえ、集合住宅ではカーテン等の防音対策が必要でしょう。

寿命

10年~15年程度ですが、飼育下では30年生きた例も。

飼育環境で寿命の長さは大きく変わってくるので、しっかりとした知識を身につけて飼育してあげたいところではあります。

価格

3万~10万円位。

一般的なホオミドリアカオウロコインコは3万円台位からですが人気のパイナップルは10万円を超えてきます。

まとめ

ラテン系で陽気な性格のウロコインコは、鳴き声が大きく噛む力が強いなどマイナス面は有りますが、スキンシップが大好きで、賢く芸も覚えるという素晴らしい特性の持ち主。

その愛くるしい姿は飼い主を魅了してやまないインコだと言えます。

↓ウロコインコは何位?
関連:インコの人気ランキング!10種類の特徴、大きさ、価格は?

-インコ, ウロコインコ

スポンサーリンク